全ての記事

生成AIとは?一覧で分かる種類別人気サービス20選

a.matsuzaki
記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

生成AIとは、人工知能の一種で、人間のように新しいデータやコンテンツを作り出す能力を持つ技術です。

簡単な指示を与えるだけで、文章、画像、音楽などさまざまなものを、自動で生成します。

しかし、あまりにも多くのことができるので、「生成AIを使ってみたいけれど何ができるのか分からない」「結局どのサービスを使えばよいのか分からない」と頭を抱えている人もいるでしょう。

本記事では生成AIでできること、生成AIの仕組み、そして技術別におすすめの生成AIを20種類紹介します。

無料で利用できるものも多く紹介していますので、ぜひ一度、生成AIに触れ、その技術力を自分の目で確かめてみてください。

【PR】

生成AIとは?

生成AIとは、文章や画像、音楽などをコンピュータが自動生成する技術のことです。

日本語では人工知能とも言います。

AIに簡単な指示を与えるだけで、新たな物語や絵、図表、プログラミングなどの新たなコンテンツを生成できます。

生成AIでできること

生成AIでは、文章、画像、音楽、動画、コードなどさまざまなものを生成できます。

創造性を支援し、業務の効率化につながります。

また、シミュレーションにも適しています。リアルタイムにコンテンツを生成し、即座に応答できるためカスタマーサービスとしてチャットボットを採用している企業は少なくありません。

教育支援やエンターテイメントの提供ツールとしても利用されています。

生成AIではできないこと

一方、生成AIは万能ではありません。

限界があることを把握したうえで、適切に使用することが大切です。

現段階で出来ないことをいくつか紹介します。

感情や意識の理解

AIは、人間と全く同じように感情や意識を理解することはできません。

完全に新しいアイデアや概念の創出

AIは、既存のデータに基づいて生成を行っています。そのため、学習データに基づかない新しいアイデアの発想は期待できません。

倫理的判断

道徳的な判断や倫理的な決定は難しいと言われています。

人間の価値観や文化に基づいた判断には適切な対応が困難です。

意図的なコミュニケーション

自動生成されたコンテンツが常に文脈に合っているとは限りません。

AI自身が意図を持った特定のメッセージを発することもありません。

物理的な作業

AIはロボットと連携しない限り、物理的なタスクをこなすことはできません。

生成AIの仕組み

生成AIの仕組みは次の通りです。

テキスト、画像、音声などの大量の学習データを収集し、クリーニングして機械学習モデルに入力できる形式に整えます。

クリーニングしたデータをディープラーニングで学習し、大量のデータの特徴やパターンを読み取って学習を深めていくのです。

主なモデルを5つ紹介します。

モデル概要
GAN(Generative Adversarial Networks)・画像生成などで利用されるモデル
・二つのニューラルネットワーク(ジェネレータとディスクリミネータ)が競い合うことで学習する仕組み
VAE(Variational Autoencoders)・画像生成などで利用されるモデル
・データを潜在変数と呼ばれる低次元の空間に圧縮し、再構成を行う
Transformer-based Models・文章生成などに利用されるモデル
・自己注意機構(Self-Attention Mechanism)を利用して、入力データの全体的な関係性を同時に学習する
RNN (Recurrent Neural Networks)・文章生成や音声認識、時系列データ予測などに利用されるモデル
・時間的な依存関係を考慮し、入力データの過去の情報を保持しながら処理する
Autoencoders・データ圧縮、ノイズ除去、異常検知などで利用されるモデル
・データを圧縮(エンコーディング)し、その圧縮されたデータから元のデータを再構築(デコーディング)することを学習するニューラルネットワーク
・教師なし学習を使用(データにラベル付けを行わない学習方法)

生成AIについて詳しくは、下記の記事を合わせてご覧ください。

合わせて読みたい
生成AIとは?仕組み・使い方・活用事例・メリット・注意点について徹底解説!
生成AIとは?仕組み・使い方・活用事例・メリット・注意点について徹底解説!

生成AIの種類一覧

生成AIの主な種類は次の通りです。

種類概要
テキスト生成AI・小説、詩、記事、ブログ投稿などの文章を作成
・自動応答システムやチャットボットの会話を生成
画像生成AI・写真やイラストを作成
・新しいデザインやアートワークを生成
音楽生成AI・メロディーやビートを作成
・楽曲のアレンジやリミックスなどに使用
動画生成AI・簡単なアニメーションやビデオクリップを作成
・映像の自動編集や効果の追加などに使用
コード生成AI・プログラムコードやスクリプトを自動で作成
・コードの自動補完やバグ修正などに使用
音声生成AI・人間の声を模倣して音声を生成
・ナレーションや音声アシスタントに使用
3Dモデル生成AI・3Dオブジェクトやシーンを生成
・ゲーム開発やデザインに活用

生成AIのサービス例20選

生成AIには多くのサービスやツールがあります。

ここでは、6種類のAIから代表的なサービスを紹介します。

テキスト生成AI

テキスト生成AIは、コンテンツ生成やビジネスの効率化、翻訳、データ解析、物語の生成など幅広い用途に活用できます。

主なツールを5つ、紹介します。

ChatGPT

ChatGPTはOpenAIによって開発されたテキスト生成AIです。高度な自然言語処理能力を持ち、会話形式の応答を生成します。

質問応答・文章生成・文章の修正をはじめ、データ解析、コード生成、画像生成、リアルタイム検索など幅広く利用できるツールです。

ChatGPTについて、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
ChatGPTの最新版「GPT-4o」は無料で使える?既存モデル・有料版との違いや使い方を徹底解説!
ChatGPTの最新版「GPT-4o」は無料で使える?既存モデル・有料版との違いや使い方を徹底解説!

Claude

ClaudeはAnthropic社が開発したテキスト生成AIです。

ChatGPTと同様、会話形式で応答を生成します。

倫理的なAIの開発を目指しており、安全性と透明性に重点を置いているのが特徴です。

質問応答・文章生成・文章の修正の他、コード生成などを行います。

一方、画像生成やリアルタイム検索などは行えません。

Gemini

GeminiはGoogle DeepMindによって開発された次世代のAIモデルです。

高度な自然言語処理を行い、多言語対応や複雑なタスクの処理に優れています。

テキスト、映像、音声などの複数のデータを同時に処理できるネイティブマルチモーダルです。

チャット型のAIサービスで、文章作成、要約、翻訳、校正、プログラミングコード生成、画像認識などができます。

GmailやGoogleドライブなど、他のGoogleサービスとの連携が可能です。

Geminiについて、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
Googleの生成AI「Gemini(ジェミニ)【旧 Bard】」とは?日本語対応は?使い方・料金・アプリ・ChatGPTとの比較を紹介!
Googleの生成AI「Gemini(ジェミニ)【旧 Bard】」とは?日本語対応は?使い方・料金・アプリ・ChatGPTとの比較を紹介!

Microsoft Copilot

Microsoft Copilotは、Microsoftが運営する検索エンジン「Bing」に統合された、AIチャット機能です。

リアルタイムでブラウザを検索する、ブラウジング機能が搭載されています。

文章作成、要約、翻訳、校正、画像生成、画像認識、プログラミングコード生成などが可能です。

基本的に無料で利用できます。

有料版を使うと、Microsoft 365アプリのWord、Excel、PowerPointなどとの連携が可能になるのが特徴です。

Microsoft Copilotについて、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
Microsoft Copilot(コパイロット)【旧称 Bing AI】を徹底解説!活用方法やChatGPTとの違いも紹介!
Microsoft Copilot(コパイロット)【旧称 Bing AI】を徹底解説!活用方法やChatGPTとの違いも紹介!

Notion AI

Notion AIはクラウドツール「Notion」で利用できるAIアシスタントツールです。

文章作成のほか、スケジュール管理、タスク管理、アイデア出し、表作成、プログラミングコード生成などが可能です。

ブログ記事作成、SNSの投稿文作成など、用途に応じてさまざまな文章が生成できます。

なお、Notion自体は無料で利用できますが、Notion AIは有料プランのみです。

無料トライアルが提供されているので、気になる方は試してみてください。

画像生成AI

画像生成AIは、AI技術を使って新しい画像を自動的に作り出す技術です。アートの制作、デザイン補助、広告作成などに活用されています。

ここでは、3つの画像生成AIを紹介します。

より多くのツールを知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
【最新】AIで画像やイラストを自動生成できるおすすめサイト11選
【最新】AIで画像やイラストを自動生成できるおすすめサイト11選

SeaArt

SeaArt(シーアート)は、シンガポールの企業STAR CLUSTER PTE. LTD.が運営する画像生成AIサービスです。

テキストや画像から新しい画像を生成します。

画像に微修正を加えるコントロールネットや画像の背景を自動で拡張するAI補完など、さまざまな機能が充実しています。

写真やアニメなど、幅広い作風に対応しています。

また、画像を基に動画を作成することも可能です。

無料プランもあるので手軽に始められます。

SeaArtについて、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
SeaArt(シーアート)は無料版がある画像生成AI!使い方や料金、プロンプトのコツを徹底解説!日本語での利用は?
SeaArt(シーアート)は無料版がある画像生成AI!使い方や料金、プロンプトのコツを徹底解説!日本語での利用は?

Stable Diffusion

Stable Diffusionは、2022年にStability AIによって公開されたオープンソースのAI画像生成ツールです。

文章で指示するだけで簡単に新しい画像を生成できます。

無料で利用でき、基本的に商用利用が可能ですが、商用利用できないモデルを使用して生成した画像などは商用利用できないため注意が必要です。

Stable Diffusionについて、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
「Stable Diffusion(ステイブル・ディフュージョン)」の使い方や料金を徹底解説!無料版はある?日本語での利用は?
「Stable Diffusion(ステイブル・ディフュージョン)」の使い方や料金を徹底解説!無料版はある?日本語での利用は?

Midjourney

Midjourneyは、Discordを介して利用する画像生成ツールです。

作りたい画像をチャットで伝えるだけで、簡単に新しい画像を生成できます。

ただし、プロンプト(テキストによる指示)も含め全て英語です。

日本語には対応していないため、ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

また、無料版や無料トライアルは現時点では提供されていません。(2024年7月2日)

Midjourneyについて、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
画像生成AI「Midjourney(ミッドジャーニー)」の使い方や料金を徹底解説!無料プランはある?日本語での利用は?v6の始め方・使い方も解説
画像生成AI「Midjourney(ミッドジャーニー)」の使い方や料金を徹底解説!無料プランはある?日本語での利用は?v6の始め方・使い方も解説

音楽生成AI

音楽生成AIは、効率的かつ創造的に音楽を作成するための強力なツールです。

自然言語で簡単な指示を与えるだけで、簡単に作詞作曲、編曲などを行います。

クラシック、ポップス、ロックなど幅広いジャンルに対応しており、好みの音楽を簡単に生成できるツールです。

ここでは、3種類の音楽生成AIを紹介します。

SOUNDRAW

SOUNDRAWは日本のスタートアップ企業が開発したサービスです。

テンポやジャンル、ムードを選択します。

生成された曲を選択し、自分で編集することも可能です。

プランに関わらず著作権フリーです。しかし、無料プランでは曲のダウンロードができません。

楽曲をダウンロードするには、有料プランへの加入が必要です。

Suno AI

Suno AIは簡単なテキスト(文章)で音楽を生成できるツールです。

音楽生成はもちろん、自身や他のユーザーが作曲した曲の編曲も行えます。

自動生成とカスタム生成の2種類があり、自動生成の場合はAIが作詞を行います。

カスタム生成を行う場合は、ユーザーが歌詞を用意する必要があります。

有料プランユーザーとして生成したコンテンツは商用利用が可能です。

Suno AIについて、詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
文章だけで作曲できる「Suno AI」の使い方や料金を徹底解説!無料版はある?
文章だけで作曲できる「Suno AI」の使い方や料金を徹底解説!無料版はある?

AIVA (Artificial Intelligence Virtual Artist)

AIVA (Artificial Intelligence Virtual Artist) は、AIを活用した音楽作曲システムです。

曲の長さ、テンポ、ムードなどを詳細に設定して、ユーザーのニーズに合った音楽を生成できます。

クレジット表記が必要な無料プランのほか、著作権を所有できるプロプランなど、複数のプランがあります。

また、学生や学校向けの割引プランもあります。

商用利用の可否はプランによって異なるため、目的や用途に応じたプランを利用しましょう。

動画生成AI

動画生成AIとは、テキスト(文章)や写真などから動画を生成するAIです。

AIアバターを動かす、既存の動画を生成するなど幅広い機能があり、動画制作時間を大幅に短縮することが可能です。

ここでは、3種類の動画生成AIを紹介します。

HeyGen

HeyGenは、Aiアバターや動画作成ができる動画生成AIです。

サイトは英語表示のみですが、アバターを作成する際のプロンプト(テキストによる指示)などは日本語で利用できます。

生成したアバターの動画を生成でき、日本語を発話させることも可能です。

また、動画編集機能も充実しています。

例えば、Instant Highlights機能を利用すれば、ハイライトをAIが自動で検索し、切り抜き動画を自動生成します。

HeyGenについて詳しくは、こちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
動画生成AI「HeyGen」の使い方や料金を徹底解説!無料版はある?
動画生成AI「HeyGen」の使い方や料金を徹底解説!無料版はある?

Luma Dream Machine

Luma Dream Machineは米国のLuma AI, Inc.が提供するAI動画生成サービスです。

テキスト(文章)やアップデートした画像から、簡単に高品質な動画を生成できます。

カメラの動きやアクション、オブジェクト、設定や背景などをプロンプト(テキストによる指示)として入力できます。

無料プランもありますが、商用利用ができません。商用利用を希望している場合は、有料プランを検討してみましょう。

Luma Dream Machineについて詳しくは、こちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
無料で使える動画生成AI「Luma Dream Machine」の使い方や料金を徹底解説!
無料で使える動画生成AI「Luma Dream Machine」の使い方や料金を徹底解説!

FlexClip

FlexClipはオンラインで利用できる動画編集AIです。

テキスト(文章)を入力するだけで、AIが動画を生成します。

AIが自動で音声を認識し字幕を生成できます。

豊富なテンプレートがあるため、プロレベルの動画編集が可能です。

無料版と有料版があり、プランによって動画の長さやライセンス、商用利用の可否などが異なります。

音声生成AI

音声生成AIとは、テキストを人工的に作られた音声に変換するソフトウェアです。

ナレーション、コールセンターの自動対応、カーナビなど幅広い分野で活用されています。

ここでは、3種類の音声生成AIを紹介します。

Text-to-Speech AI

Text-to-Speech AIはGoogleが提供しています。

入力したテキストをリアルタイムで音声変換できます。また、自然な音声、自然なイントネーションで話すことができるのも特徴です。

それぞれの言語ごとに、男性、女性と複数の声が用意されています。

VOICEVOX

VOICEVOXは無料で使える音声生成AIです。

商用・非商用問わずに利用できます。

複数のキャラクターボイスから好みのものを選択できます。

簡単な操作でテキストを読み上げ、イントネーションやアクセントの調整が可能です。

使用時はクレジット表記が必要です。

また、使用するキャラクターによっては別途問い合わせが必要なこともあるため注意しましょう。

AITalk

AITalkは人間らしさのある自然な音声で文章を流ちょうに読み上げる音声生成AIです。

既存のAIの声のほか、自分の声などをもとに音声を合成することもできるのが特徴です。

バーチャルアバターの音声や、ナレーションなど幅広い用途で利用されています。

3Dモデル生成AI

3Dモデル生成AIとは、テキストや写真・イラストなどの2D画像から3Dモデルを生成する技術です。

ゲーム開発、CGコンテンツ制作、プロダクトデザインなど、さまざまな分野で活用されています。

DreamGaussian

DreamGaussianは画像やテキストを元に高品質の3Dコンテンツを生成するAIです。

登録不要で、誰でも無料で利用できるのが特徴です。

また、専門知識がなくとも簡単に3Dモデルを生成できます。

生成したものは、商用・非商用を問わず無料で利用できます。

Poly

Polyはテキストから3Dモデルを生成するツールです。

ユーザーフレンドリーな使いやすいUIで、生成したモデルを既存の3Dソフトウェアと連携して出力できるのが特徴です。

無料プランと有料プランがあり、ゲームや建築など幅広い分野で活用できます。

Wonder Studio

Wonder Studioは、実写映像にCGキャラクターを自動で合成できる革新的なAIツールです。

直感的な操作で高品質なCG映像を制作できます。

多数の3Dキャラクターとテンプレートが用意されており、カスタムキャラクターのアップロードも可能です。

映画やドラマ、広告制作など幅広い映像分野で活用できるツールです。

生成AIの業務活用方法とは

生成AIの用途は幅広く、さまざまな企業で業務に活用されています。

例えば、カスタマーサポートにおいては、チャットボットが顧客の質問に即座に応答することで、24時間体制のサポートが可能になりました。

コンテンツ制作においては、記事の自動生成や構成、写真や画像の作成を通じて制作時間を大幅に短縮しています。

データ解析と報告書の自動生成、広告コピーやキャンペーン素材の作成、個別指導用の教材の生成など、業務効率化や品質向上につながるツールとして幅広く活用されています。

具体的な事例については、こちらの記事も参考にしてください。

合わせて読みたい
生成AIとは?仕組み・使い方・活用事例・メリット・注意点について徹底解説!
生成AIとは?仕組み・使い方・活用事例・メリット・注意点について徹底解説!

生成AIを業務で使う5つのメリット

ここでは、生成AIを業務で使う5つのメリットを紹介します。

生産性の向上

生成AIが、文章や画像、動画などのコンテンツを自動的に生成すると、従来の手作業に比べて大幅に時間を短縮します。

例えば、AIチャットボットが顧客対応を自動化することで、スタッフの負担を軽減し、他の重要な業務に時間をさけるようになります。

そのため、全体的な生産性が向上する点がメリットです。

コスト削減

生成AIを導入すると、コンテンツ制作やカスタマーサポートなどの業務を効率化し、人件費の削減が見込めます。

24時間体制の顧客対応を人間に任せると費用がかさみますが、チャットボットの導入により、コスト削減と顧客満足度向上が同時に叶うのも魅力です。

また、AIによる自動記事生成や動画編集を導入すると、外部の専門家に依頼するコストが削減できます。

このように、生成AI導入により、さまざまな面でコスト削減が実現できるでしょう。

創造性の向上

生成AIは、クリエイティブなアイデアを提供します。時には、従来の枠にとらわれない新しいコンテンツを生み出す手助けをすることもあります。

例えば、広告キャンペーンのコピーやデザイン案をAIが提案することで、クリエイターのインスピレーションを刺激し、より斬新で効果的なマーケティング素材の作成が期待できます。

アイデア出しやアイデアの壁打ち相手、コンテンツのバリエーション増加、デザイン生成など、さまざまな方法で創造性の向上に貢献します。

多言語対応

多くの生成AIは、多言語対応が可能です。翻訳を行う生成AIも数多く見られます。

これは、グローバルなビジネス展開において強力なツールとなります。

例えば、商品説明やマーケティング資料を複数の言語で自動生成することで、海外市場へのアプローチが容易になります。

さらに、カスタマーサポートにおいても、AIチャットボットが複数言語での対応を可能にするため、海外への展開を視野に入れることが可能になるでしょう。

データ分析

生成AIは、膨大なデータを迅速に分析し、価値あるインサイトを提供するのにも役立ちます。

例えば、顧客の購買履歴や行動データをAIで分析すると、マーケティング戦略の最適化や商品の改良点の特定が見込めます。

また、レポートの自動生成機能を活用することで、意思決定のスピードを上げ、ビジネスの競争力強化が期待できるのもメリットです。

生成AIツールを業務で使う際の注意点

生成AIツールの導入には多くのメリットがあります。

一方で、いくつかの点に注意しなければなりません。

ここでは、ビジネスで使用する際に特に気を付けるべき3つの点について解説します。

商用利用の可否

生成AIツールを業務で使用する前に、そのツールが生成したコンテンツの商用利用が許可されていることを確認しましょう。

一部の生成AIツールは無料プランでの商用利用を制限している場合があります。

また、有料プランでも特定の条件や制約があるケースも見られます。

ビジネスで利用するためには、利用規約をよく読み、必要に応じて開発者や提供元に問い合わせて、商用利用の可否を確実に確認することが重要です。

データプライバシーとセキュリティ

生成AIツールを利用する際には、データプライバシーとセキュリティの確保が不可欠です。特に、ツールに入力するデータが機密情報や個人情報を含む場合はデータ保護について十分な確認が欠かせません。。

信頼できる提供元のツールを選び、データの暗号化やアクセス制御などのセキュリティ対策について確認しましょう。

さらに、社内のセキュリティポリシーと照らし合わせて適切な使用方法を確立することも重要です。

法規制とコンプライアンス

生成AIツールの利用に際しては、法規制とコンプライアンスの遵守が欠かせません。

特に、データ保護規制(例えばGDPRやCCPA)への対応が求められる場合があります。

使用するAIツールがこれらの規制を順守しているか、また、生成されたコンテンツが著作権侵害やその他の法的リスクを伴わないかを確認することが重要です。

AI導入に際しては、コンプライアンスチェックを行い、必要に応じて法務部門と連携してリスクを最小限に抑える措置を講じておきましょう。

まとめ

生成AIはまるで人間のように新しいコンテンツを生み出すことができるツールです。

文章、画像、音楽など、幅広いコンテンツを生成できるため、活用方法によっては業務効率化やコスト削減が見込めます。

多くの生成AIツールがあるため、導入する際は商用利用の可否や安全性をしっかり確認することが大切です。

信頼できるツールを導入して、業務の効率化や創造性の向上を目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事URLをコピーしました