ChatGPT
PR

Excelで管理している売上データの分析をChatGPTに丸投げしてみた

tsukasa
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは日々の業務でExcelを使っているでしょうか?

会社にお勤めの方であれば、メインの業務で使わなくても、何かしらのタイミングで一度はExcelを使った経験があるかと思います。

しかし、日常的にExcelを利用していないと、必要な関数を調べるなど、思ったより時間がかかることが多いですね。

特に、プレゼンテーション向けの見やすいグラフを作成する際には、半日以上の時間を費やすことも少なくありません。

そこで今回は、そんなめんどくさい作業を今話題のChatGPTの新機能「Code Interpreter」を使って完全にお任せしてみました。

最終的には↓のようなグラフ付きで分析結果を出力してくれましたので、その一部始終を皆様にもご紹介します。

「Code Interpreter」って何?っていう方は、以下の記事で解説しているのこちらも併せてご覧ください

合わせて読みたい
ゼロから始めるChatGPT「Advanced Data Analysis(旧Code Interpreter)」-始め方や使い方・料金を徹底解説
ゼロから始めるChatGPT「Advanced Data Analysis(旧Code Interpreter)」-始め方や使い方・料金を徹底解説

分析に利用したデータについて

利用するデータは、複数店舗を展開するアパレルブランドのID-POSデータ(購入明細)です。具体的には「いつ」、「どの店舗で」、「誰が」、「どの商品を」、「どれくらい購入したか」の情報が入っています。

多少の違いはあれど、一般的な店舗やECサイトの売上データもほぼ同じようなデータの形式になっているかと思います。

プロンプト(命令)について

今回、複数の店舗の中で「フクダブティック」という店を特に注目し、売上向上を目指してChatGPTにデータサイエンティストになりきって分析してもらいました。

具体的な分析方法の指示は与えず、売上向上のための施策策定を目的として分析し、アウトプットはグラフも含めてExcelで出力するようにお願いしました。

また、データ分析の結果や施策案もExcel上に記載してもらうように頼んでいます。

CahtGPTが行った分析

データの読み込み&分析内容の決定

まず、アップロードされたデータのカラム名を元に、ChatGPTがどのような内容のデータが提供されたかを把握しました。

今回は具体的な分析内容は指示していないので、ChatGPT自身で分析の内容を考えてくれています。

商品カテゴリ別の売上分析、顧客分析、他店舗との比較ということで、売上データを分析するときのオーソドックスな分析を一通り行ってくれるようです。

①商品カテゴリ別の売上分析

まずは商品ごとのカテゴリを基に売上を集計し、その結果を他の店舗と比較しました。

これにより、どのカテゴリで売上が伸びているか、また逆にどのカテゴリで伸び悩んでいるかが明確になりました。

②顧客分析

次に、購入者数の性別・年齢の分布を出してくれました。

③他店舗との比較分析

最後に、他の店舗との商品の平均価格を比較しています。

今回は、店舗ごとに大きな差はありませんでしたが、大きな価格差があれば、さらに原因を分析することで、店舗の売上改善の施策に繋がりそうですね

④施策立案

更に、今回は、単なるデータ分析だけでなく、具体的な施策の提案もお願いしたので、分析結果から様々な施策を提案してくれています。

現在のマーケティング活動や戦略を伝えることで、更に具体的な施策の提案が可能となります。

データ分析を行うだけでなく、そこから施策まで考えてくれるのは驚きですね。

最終的には、この全ての分析結果をExcelに出力しました。

ChatGPTが作成したExcelの分析結果

まずは、ChatGPTに出力してもらったExcelを確認してみましょう。分析内容ごとにタブを分けてもらったので、それぞれ確認してみます。

グラフは見やすいように大きくしていますが、それ以外は全てChatGPTが行っています。

それぞれのタブには、対象となる分析の結果と、それを示すグラフが描かれています。

このアウトプットをそのまま使っても、基本的なデータ分析としては十分ですね。

更に、Excelの最初のタブには、全体の分析結果の要約と、その結果から導き出された具体的な施策の提案が記載されています。

普段からExcelを使っている人でも、データの集計からグラフの作成、分析結果のまとめ、さらに施策の立案まで行うとなると、実際には2~3時間かかる作業です。

しかし、ChatGPTを使用することで、わずかな指示のみで、数分でこれらの作業を完了させることができました。

まとめ

今回、「Code interpreter」を使ってExcelの売上データを分析してもらいましたが、感想としては「便利すぎる…!」の一言につきます。

ただ単にデータを分析するだけでなく、Excelで見やすいグラフまで作成して、さらに分析結果から具体的な施策まで考えてくれるのは驚きです。

一定の制約や課題はまだありますが、現時点でも多くのビジネスマンが欲しかった「データを入れるだけで分析して示唆を出してくれるAI」にかなり近い動きをしてくれます。

この先、もっとChatGPTの性能が上がれば、データ分析はCahtGPTに全てお任せできる時代が来ることは間違い無いですね!

合わせて読みたい
ChatGPTなどの生成AIが搭載されたデータ分析ツール6選
ChatGPTなどの生成AIが搭載されたデータ分析ツール6選
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
つかさ
つかさ
ChatGPT×ビジネス
データサイエンティストがChatGPTを活用する方法を発信中|データサイエンティスト歴5年|ゲーム会社→フリーランス(現在)|データサイエンティストのためのChatGPTメディア「GPT研究所 データサイエンス支部」運営者
記事URLをコピーしました