全ての記事

フェイススワップ(顔交換)機能搭載の画像生成AIツール「Akool」の使い方や料金を徹底解説!無料版はある?日本語での利用は?

tsukasa
記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

Akoolは、AI画像生成サービスの中でも、特に「フェイススワップ」の精度に優れたサービスです。

専門知識や技術は一切不要で、クリック操作とプロンプト入力だけで高品質なコンテンツが生成できます。料金体系もシンプルで、利用しやすくなっています。

本記事では、Akoolの概要や使い方、料金などを詳しく解説します。Akoolを使ってみたいと思っていた方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

【PR】

Akoolとは

引用:https://akool.com

Akoolは、Webブラウザ上で利用できる世界で100万人以上が利用する画像生成AIツールです。

Akoolの最大の特徴は、「フェイススワップ」機能の精度の高さです。

Akoolのフェイススワップは、画像や動画に登場する人物の顔を別の人物の顔と入れ替えることができる機能ですが、その精度は他のツールと比べて抜きん出ています。

顔の角度や表情、照明条件などが異なる画像同士でも、違和感なく自然にフェイススワップが可能で、まるで最初からその人物が映っていたかのような仕上がりになります。

そして何より嬉しいのは、Akoolではアカウント登録するだけで、フェイススワップを含む様々な機能を無料で試せることです。

初回ログイン時には50クレジットが付与されるため、その範囲内ですぐにフェイススワップ機能を試すことができます。

Akoolは日本語で使える?

Akoolの公式サイトは、日本語表示に対応しておらず、プロンプトも日本語で入力すると、出力が不安定になります。

そのため、プロンプトは英語で入力することが推奨されています。

ただし、動画翻訳機能については、日本語対応が明記されており、日本語での利用が可能です。

詳細は「・Video Translate(動画の自動翻訳)」を参照してください。

Akoolの料金

項目BasicProfessionalMaxEnterprise
料金無料$30/月$500/月要相談
クレジット50(使い切り)600/月$0.05/クレジット1.1万以上/月$0.042/クレジット
解像度WM※2有WM無WM無、4K対応
処理速度標準高速超高速
特徴初心者向け小規模チーム向け中規模事業者向けカスタマイズ可能

Akoolは無料で利用可能ですが、使用できるクレジットは50までに制限されています。

そのため、より多くの画像生成を試したい方は、有料プランを利用する必要があります。

有料プランは年間契約にすると30%の割引が適用されます。

また、有料プランを契約した場合でも、3日以内に解約すれば無料トライアルとして処理され、料金はかかりません(2024年3月時点)。

生成コンテンツのクレジット使用量は、以下の通りです。

  • 画像1回の生成につき4クレジット
  • 動画は10秒あたり10クレジット(最低10クレジット)

クレジットの消費量は、生成するコンテンツの種類や長さによって異なるため、計画的に使用することをおすすめします。

Akoolの機能

Akoolでは、画像生成だけでなく、フェイススワップや背景入れ替えなどの編集機能も実装されています。

また、1枚の画像から動画を作成することも可能です。

ここでは、Akoolの機能について詳しく紹介します。

Image Generator(画像生成)

プロンプト入力から画像を生成する機能です。

上部メニュー「Platform」から「Image Generator」を選択してください。「High Quality Generate」をクリックすると、生成が開始されます。

プロンプトは日本語入力も可能ですが、生成品質は英語の方が上のようです。

一般的なT2I(Text to Image)の生成AIサービスと同様に、入力するプロンプトが具体的なほど、理想的な画像に近づけることができます。

上記の画像例は、プロンプト「春、桜咲く、歩いている日本人女性」で生成したものです。

Face swap(動画や画像の顔交換)

人物画像や動画の顔を他の人の顔と交換する機能です。

上部メニュー「Platform」から「Face Swap」を選択してください。

次に、ベースとなる画像とスワップしたい顔画像をアップロードします。

最後に「High Quality Face Swap」をクリックすると、生成が開始されます。

上記の例では、日本人女性の写真に外国人女性の顔をスワップさせています。

Background change(背景の変更)

画像の背景を編集する機能です。

「Platform」から「Background change」を選択してください。

次に、人物画像をアップロードすると、自動で背景が切り抜かれ、左側のオプション背景が選択できます。

そして、最後に「High Quality Generate」をクリックすると、生成が開始されます。

Realistic Avatar (リアルなアバターを生成)

アバターに話させる機能です。

アバターはテンプレートから選択することもできますが、自身で用意したデジタルアバターを使用することも可能です。

プレビュー画面にあるアセットや文字は、そのままGUIでカスタマイズができます。

日本語の音声読み上げも可能です。

音声生成プレビューはクレジットを使用しないので、気軽に試すことができます。

Talking photo(写真から話す動画を作成)

人物画像に話させる機能です。

利用するためには、「Platform」から「Talking photo」を選択して。話させたい人物画像をアップロードします。

その後、話す内容を入力し、「High Quality Generate」をクリックすると、生成が開始されます。

Video Translate(動画の自動翻訳)

アップロードした動画音声を自動で翻訳する機能です。

翻訳したい動画をアップロードし、話させたい言語を選択します。

次に、「Lip-sync」をチェックして「Translate this Video」をクリックすると、動画が生成されます。

「Lip-sync」は口の動きをAI編集する機能で、必ず必要な編集プロセスではありませんが、使用することで生成動画がよりリアルになります。

注意項目内容
対応言語アラビア語、デンマーク語、オランダ語、英語フィンランド語、フランス語、ヒンディー語イタリア語、日本語、韓国語、中国語ポーランド語ポルトガル語、ルーマニア語ロシア語、スペイン語、トルコ語
留意事項背景音、複数音声の除去推奨
解像度360×360~4096×4096
動画長さ60秒以下
動画サイズ300MB以下

ただし、利用する際にはいくつかのスペック上の制限があるので注意してください。

特に、背景音や複数音声が入っている動画の場合、翻訳機能が上手く働かないことがあります。

Akoolの始め方

Akoolはメールアドレス、もしくはGoogleIDがあれば誰でも簡単に始めることができます。

しかし、公式サイトは英語表記で、分かりにくいところもあるので、本記事を参照しながらアカウント作成を進めてみましょう。

1.公式サイトへアクセス

Akool公式サイトへアクセスし、右上の「Log in」をクリックしてください。

公式サイト:https://akool.com/

2.アカウント作成

ポップアップ画面上にある「Create Account」をクリックし、必要事項を入力してください。

アカウントはメールアドレスの他、GoogleIDでも作成可能です。

最後に確認メールが送られてきます。

メールに添付されている認証コードをAkoolサイトで入力すると、アカウント作成は完了です。

Akoolの使い方

アカウント作成ができたら、すぐにAkoolのAI編集が利用できます。

ここでは、Akoolの代表的機能である「Face Swap」の動画生成方法を解説します。

1.メニューからFace Swap選択

2.ベース動画のアップロード

「Choose files」をクリックして動画をアップロードしてください。

3.入れ替える顔の選択

分かりやすいように、外国人女性の動画に東洋人女性の顔を入れてみます。

「High Quality Face Swap」をクリックすると生成が開始されます。

生成結果です。

表情もしっかりと反映された動画が生成されました。

顔のアップ画像でも比較してみましょう。

生成できない画像について

Akoolでは攻撃的、有害、中傷的コンテンツ、他者の権利を侵害するコンテンツ、法律や規制に反するコンテンツの生成は禁止されています。

参照:Terms of Service「第2項」

生成した画像や動画の商用利用について

Akoolで生成されたコンテンツは、ユーザー責任のもとで商業利用が可能です。

一方で、規約には「商業的に利用する限定的な非独占ライセンスが与えられます。」と表記があり、Akoolにより適切でないと判断された際は商用利用が制限される場合があります。

参照:Terms of Service「第3項」

Akoolは安全?運営元は?

項目内容
ウェブサイトhttps://akool.com
電話番号+1 650-686-5661
業種ソフトウェア開発
会社規模51-200人
本社所在地Santa Clara, California

Akoolは、米国カルフォルニアを拠点とするAIプラットフォーム開発企業です。

すでに生成コンテンツは、地元のレストランチェーン店などのマーケティングで使用されています。

企業との協業も進んでおり、コカ・コーラとはLeague of Legendsファン向けの動画制作を行っています。

地元企業や大手企業とのビジネスが進んだことで、Akool自体への評価(信頼性や安全性)は高まっているといえます。

Q&A

Q.スマホで利用できる?

Akoolにはスマホ専用のアプリはありませんが、スマホのブラウザアプリでアクセスすることでスマホでも利用することが可能です。

Q.日本語で利用できる?

Akoolの公式サイトは、日本語表示に対応しておらず、プロンプトも日本語で入力すると、出力が不安定になります。

そのため、プロンプトは英語で入力することが推奨されています。

Q.無料トライアルはある?

はい、Akoolには3日間の無料トライアルが提供されています。

Q.無料で利用できる?

はい、AIイラストくんには無料プランがあり、初回ログイン時には50クレジットが付与されます。

Q.生成した画像は商用利用できる?

はい、ユーザーは生成した画像を所有し、商用利用が可能です。

まとめ

Akoolは、初心者にも扱いやすく設計された、気軽に生成AIを試せるツールです。

直感的に操作できる高品質なGUIにより、簡単なプロンプト入力とクリック操作だけで、様々なコンテンツを生成することができます。

本記事では、Akoolの概要や特徴、各機能の使い方、料金体系について詳しく解説してきました。

Akoolは、画像生成、フェイススワップ、背景変更、アバター生成、トーキング写真、動画翻訳など、多彩な機能を備えています。

これらの機能を活用することで、ユーザーは自分のアイデアを視覚的に表現し、コンテンツ制作の幅を広げることができるでしょう。

また、Akoolは無料で利用可能ですが、より高度な使用を望む方には、お手頃な価格設定の有料プランも用意されています。

ニーズに合わせて、自分に最適なプランを選択することをおすすめします。

ぜひ、Akoolを使ってみて、その可能性を体験してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事URLをコピーしました