全ての記事

「MyEdit(マイエディット)」は編集分野に強い画像生成AI!使い方や料金は?高画質化機能・文字起こし・ボイスチェンジャーなどを徹底解説!

tsukasa
記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

MyEditは、オンラインで利用可能なAIベースの画像・音楽編集ツールです。

このツールの主な特徴はAIによる編集機能で、既存画像の不要な部分を削除したり、アニメ風に変換したり、アバターを作成したり、画質を向上させたりすることができます。

AI画像生成ツールは数多く存在しますが、MyEditは特にAIによる画像編集の分野で強みを持っており、既存画像のAI編集を希望する方には特におすすめです。

そこで、この記事では、MyEditの豊富な機能とその使い方、安全性や著作権に関する重要な情報を広範囲にわたって紹介します。

【PR】

MyEditとは

引用:MyEdit公式サイト

MyEdit(マイエディット)は、オンラインで使用できるAIに基づいた画像・音楽編集ツールです。

このツールのメイン機能はAIによる編集機能で、既存画像の不要な部分の削除、アニメ風変換、アバター作成、画質向上などが可能です。

引用:https://myedit.online/jp/photo-editor

特に、既存の人物写真をAIで着せ替えたり、自分に似たアバターを生成が可能な独特な編集機能が特徴です。

引用:https://myedit.online/jp/photo-editor

また、他のAI画像生成ツールと同様に、テキストベースで画像を生成することもでき、生成する画像のスタイルを指定することが可能です。

さらには、日本語のプロンプトを使用することができ、生成された画像は商用利用することもできます。

AI画像生成機能は他のツールと比較して特別優位ではないかもしれませんが、AI画像編集機能に関してはMyEditに独自の機能があるため、既存画像のAI編集を求める方には特におすすめです。

AI画像生成機能をメインで使いたい人におすすめの画像・イラスト生成AIツールは『SeaArt』です。

引用:SeaArt公式サイト

その理由は、SeaArtは無料プランで生成できる枚数が他のサービスより多く、さらにLoRAやフェイススワップ(画像や動画の顔交換)、ControlNetなどの高度な機能も簡単に利用できるからです。

生成できる画像も、リアルな画像、アニメ風の画像、風景画像、ドット絵など幅広いジャンルが可能です。

使いやすいUIで日本語プロンプトも使用可能なので、手軽に始めたい人から本格的に使い人までおすすめできます。

無料プランもあるので、気になったらとりあえず触ってみることをおすすめします

MyEditは日本語で使える?

「MyEdit」は日本語での利用が可能です。

サイトも日本語表示が可能で、プロンプト入力も日本語で行うことができます。

MyEditの料金

MyEditには画像とオーディオの編集モードがあり、これらの基本的な機能は無料で利用できます。

しかし、無料版では生成されるコンテンツの数や品質に制限があるため、頻繁に生成を行うクリエイターの方は、有料プランを利用する必要があります。

さらに、「AIビジネス写真」「AI着せ替え」「AIアバター」といった特別な機能を使用する際は、サブスクリプション料金に加えて別途料金が必要です。

無料プランと有料プランの違い

基本的な画像編集機能は有料プランに入らずとも無料で使えますが、AI画像生成機能や、AIツールの利用には無料プランではいくつかの制限があります。

また、有料版には「画像プラン」と「高画質化+画像プラン」があり、これらの違いは画像の品質調整機能の有無にあります。

Freeプラン画像プラン高画質化+画像プラン
年間契約料金無料¥6,960¥11,760
月間契約料金無料¥1,460¥2,540
AI画像生成制限あり無制限無制限
AIツールの利用一部のみ利用可全て利用可無制限で利用可
画像編集ツールの利用
画像変換の利用
ウォーターマーク無し保存×
プレミアムスタイル使用×
複数写真一括リサイズ・変換×
ワンクリック画質改善 & 高解像度化××
写真画質向上 & 顔の細部鮮明表現××

従量課金制の機能の料金

「AIビジネス写真」「AI着せ替え」「AIアバター」の使用時には、有料版に加入していても、生成回数に応じて追加で料金がかかります。

購入クレジット数合計価格価格/クレジット
50クレジット¥1,500¥30
100クレジット¥2,600¥26
200クレジット¥4,800¥24
500クレジット¥10,000¥20

「AIビジネス写真」「AI着せ替え」「AIアバター」の生成料金を支払うためには、事前にクレジットポイントを購入する必要があり、その最低価格は1,500円です。

クレジットポイントは、購入量が多いほど単価が割安になるため、多くの生成を行いたい場合は、一度に大量のクレジットを購入することが経済的です。

MyEditオーディオの料金

オーディオモードの基本機能は無料で利用可能ですが、生成されるコンテンツ数やダウンロード数には制限があります。

有料版へのアップグレードを行うと、これらの制限が解除され、AI機能も全て使用可能になります。

Freeプラン有料プラン
年間契約料金無料¥4,580
月間契約料金無料¥1,280
最新のAI機能制限あり使用可能
ダウンロード回数制限あり制限なし
AIボイスチェンジャー制限あり
AI文字起こし制限あり
(600分間/月)
オーディオ補正・修復制限あり

MyEditの画像編集機能の特徴と使い方

ここからは、MyEditの画像編集機能の使い方を解説します。

利用するためには、左メニュー上部に「画像、オーディオ」タブがあるので、そちらで「画像」タブにスイッチしていることを確認してください。

AIビジネス写真

AIビジネス写真機能を利用すると、自分の写真をAIビジネス写真サイトにアップロードするだけで、簡単にビジネス向けのプロフィール写真を作成できます。

シーンや服装などのスタイルを選択することで、アップロードした画像を基に、AIが様々な場面に適した写真を生成します。

選択可能なスタイルにはポートレート、オフィス、プロフェッショナル、証明写真などがあり、履歴書やLinkedIn、SNSなど様々な用途に利用可能です。

AIビジネス写真機能は有料プランに加入していても別途料金が必要で、20枚の写真を生成するには50クレジットポイント(約1500円)が必要です。

AI着せ替え

MyEditのAI着せ替え機能を使用すると、自分の写真をアップロードするだけで、AIが様々なコーディネートの画像を生成してくれます。

ファッションアイテム、アクセサリー、色、柄、スタイルの最適な組み合わせをAIが考え出し、統一感のある着こなしを提案します。

そのため、自分では思いつかない新鮮でクリエイティブな着こなしを提案してくれるので、自分に合った新しいスタイルを試すことが可能です。

最大10つのスタイルを同時に試すことができ、数回のクリックで様々なスタイルの組み合わせを楽しむことができます。

着せ替え10回につき15クレジットポイント(約450円)を消費するシステムになっています。

AIアバター

「AIアバター」機能は、AI技術を活用して個人の写真からアバターを簡単に作成することができます。

10~20枚の自分の写真、またはアバターにしたい人物の写真をアップロードすることで、オンライン上で、季節やトレンドに合わせたさまざまなスタイルのアバターを生成することが可能です。

アバターには「リアル」と「アート」という大きなカテゴリがあり、テンプレートを用いて異なる雰囲気のアバターを選択できます。

これらのAIアバターは、SNSのプロフィール写真やオンラインコミュニティでのコミュニケーションに適しており、情報発信者のプライバシーを保護すると同時に、SNSで自分の顔を出したくない人々のニーズに応えることができます。

AIアバターを50個作成するごとに、約20クレジットポイント(およそ600円)が必要になります。

AI画像生成

「AI画像生成」機能では、ユーザーが具体的なプロンプト(言葉)を用いてイラストや画像をAIで自動生成できます。

この機能を利用するためには、メニューバーから「AI画像生成」を選択し、自分の欲しい画像の文章をプロンプトとして入力し、画像のスタイルを選択するだけです。

プロンプトに迷った場合は、「アイデア」タブをクリックすると参考画像が表示され、気に入ったものを選択することで自動的にプロンプトが入力されます。

AIアニメ化

「AIアニメ化機能」は、写真をアニメや漫画スタイルのイラストに変換する便利な機能です。

この機能を使うことで、ユーザーは簡単な操作で自分の写真をオリジナルのアニメスタイルのイラストに変換することができ、SNSのプロフィール画像やアートプロジェクトなど、さまざまな用途に活用できます。

使い方は非常にシンプルです。

  1. まず、メニューバーから「AIアニメ化」を選択し、変換したい画像をアップロードします。
  2. その後、画面の右側にあるスタイルリストからお好きなスタイルを選んでください。
  3. このステップを完了すると、選択したスタイルに基づいて画像のアニメ化が始まります。

AIシーン

「AIシーン」とは、写真を全く新しいスタイルや雰囲気に変える機能です。

この機能を利用することで、元の風景の季節を変更したり、建物の周りをファンタジーの世界やジャングルに変えたりすることができます。

使い方は以下の通りです:

  1. 編集したい画像をサイトにドラッグ&ドロップしてアップロードします。
  2. 人物や動物が写っていない、明るい写真の使用が推奨されます。
  3. サイトの右側にあるスタイルのラインナップから、好みのシーンを選択します。
  4. シーンを選択すると、自動的に新しいスタイルの画像生成が始まります。

ユーザーは、用意されたスタイルの中から選択するか、または独自の説明文を入力して、画像を自由にカスタマイズすることが可能です。

この機能により、ユーザーは自分だけのオリジナルな風景画像を作り出すことができます。

AIイラスト化

「AIイラスト化」とは、AIを利用して写真をイラストに変換する機能です。

この機能により、ユーザーは自分の雰囲気を残しつつ、理想のアバターを作成することができます。

生成する際には顔のアップ写真が必要ですが、もし手元に顔のアップ写真がなくてもAIが自動で顔の部分を切り取ってくれるので、操作は非常に簡単です。

この機能を使うことで、ユーザーは自分の特徴を生かしたオリジナルのイラストアバターを手軽に作成できます。

また、AIの技術によって、リアルな顔写真から自然なイラストへの変換が可能となっています。

AI商品背景

「AI商品背景」は、洗練された商品画像を作成するための機能です。

この機能を使うことで、ユーザーは簡単にプロフェッショナルで魅力的な商品画像を作成することができ、オンライン販売やプロモーション資料などに利用できます。

使用方法は以下の通りです:

  1. 商品画像をサイトにアップロードします。
  2. 画面右側に表示される生成イメージから、好みの背景スタイルを選択します。用意された背景スタイルを選ぶことも、プロンプトを入力してオリジナルの背景を生成することも可能です。
  3. 最後に「生成」ボタンをクリックすると、自動的に商品画像が作成されます。

もし、右側のイメージに好みの背景スタイルがない場合は、プロンプト入力エリアを使って、カスタム背景を生成してみましょう。

AIスケッチ

「AIスケッチ」は写真をスケッチ風のイラストに変えることができる機能です。

この機能を利用することで、ユーザーは自分の写真をスケッチに変え、SNSに投稿したり友人や家族への特別なプレゼントとして利用することができます。

使用方法は以下の通りです。

  1. 変換したい写真をAIスケッチにアップロードします。
  2. アップロードした写真に適用したいスケッチのスタイルを選択します。AIは選択されたスタイルに基づいて、写真をスケッチ風のイラストに変換します。
  3. 変換が完了したら、AIが生成したスケッチ風のイラストを確認してダウンロードできます。

AIルーム

「AIルーム」は部屋のインテリアデザインを写真でシミュレートし、実際には存在しないインテリアの配置やデザインを試すことができる機能です。

この機能を使用することで、実際に家具を購入したり配置したりする前に、部屋の空間やレイアウトについてのアイデアを得ることが可能になります。

これにより、デザインのインスピレーションを得たり、部屋の可能性を探ることができます。

AI顔入れ替え

2枚の画像の人物の顔を入れ替える機能があり、使い方は次の通りです。

  1. あてはめたい人物の写真を「ソース」としてアップロード
  2. 顔を入れ替えたい画像を「ターゲット」として選択する
  3. Swap Faceボタンをクリック

ターゲットの画像は、MyEdit内のものを選択する、または任意の画像を使用することが可能です。

なお、機能を利用する際はクレジットが必要です。

画像からプロンプトを作成

画像を読み込み、プロンプトを作成する機能があります。

画像のプロンプトが思いつかない場合などに利用できます。

なお、プロンプトは英語で生成されます。

AI 3D映画化

アップロードした画像を海外のアニメキャラのようなイラストに生成する機能です。

ピクサーやディズニーのような、3DタッチのCGキャラクターが生成できます。

なお、機能を利用する際はクレジットが必要です

その他の画像編集

これらのAIツールでは、画像の高画質化や背景削除など、さまざまな編集機能が利用可能です。

「画像高画質化」機能により、ピントがずれた画像でも細部まで綺麗に補正されます。

この機能は、古い写真の復元やブレた写真の改善にも有効で、多様な用途に使えます。

一般のユーザーでも、このツールを使ってプロの写真家のように簡単に画質を向上させることができます。

「背景削除・切り抜き」機能を使えば、被写体だけを簡単に切り抜くことが可能です。

特に人物や商品の写真を際立たせたい時や、背景を変えたい時に便利です。

また、「AIピンぼけ・手ぶれ補正」機能により、ブレた写真も簡単に修正できます。

ユーザーは画像をアップロードし、スライダーで補正の強度を調整することで、動きのあるシーン(例えばスポーツの試合など)で撮影されたぼやけた写真を鮮明にすることができます。

これらのツールを使うことで、ユーザーは自宅で簡単にプロレベルの写真編集を行うことができるようになります。

MyEditの音声編集機能の特徴と使い方

MyEditの音声編集機能の使い方を解説します。

まずは、左上のモードタブを「オーディオ」に変更して下さい。

次に、メニューバーにある各種編集機能をクリックして音声を生成、もしくはカスタマイズしていきます。

AI効果音作成

この機能では、自然音(雨の音や雷鳴など)や人間の音(笑い声や足音など)をAIが生成します。

この機能を使用することで、ユーザーは独自の効果音を簡単に作成でき、ビデオや音楽プロジェクトなど多様な用途に利用することが可能です。

オリジナルの効果音を無料で作成するためには、以下の手順に従います。

  1. まず、800文字以内で欲しい効果音をプロンプトとして入力します。
  2. AIが生成した効果音をプレビューで確認します。
  3. 気に入った効果音は無料でダウンロード可能です。

一度に最大3つの効果音を作成でき、1日に5回まで無料で利用することができます。

プロンプトのアイデアに困った場合は、「アイデア」タブをクリックして、さまざまな効果音のプロンプトを参考にすると良いでしょう。

気になる効果音をクリックすると、それに関連するプロンプトが表示されます。

ボーカルリムーバー

ボーカルリムーバーは、AI技術を利用して音楽からボーカル部分を取り除き、カラオケトラックを作成する機能です。

この機能を使えば、オリジナルの楽曲からボーカルを除去して、カラオケ用の伴奏トラックを手軽に作成することができ、自宅でのカラオケ、リミックスの作成、音楽制作の練習など、さまざまな用途に活用することが可能です。

この機能の使用方法は以下の通りです。

  1. 音楽トラックをアップロードします。
  2. プレビュー機能を使用して、「調整済」と「オリジナル」のトラックを比較できます。
  3. スライダーを使ってボーカルの音量を調整し、必要に応じてピッチの変更も行えます。

ボーカル抽出

ボーカル抽出機能は、音楽から歌声だけを抽出し、アカペラトラックを作成するためのツールです。

この機能により、音楽制作やリミックス作成、個人的な楽しみなど、さまざまな目的でアカペラトラックを作成することが可能になります。

使い方は以下のように簡単です。

  1. まず、音源ファイルをアップロードします。
  2. ボーカル抽出のレベルを調整します。
  3. 抽出されたボーカルのプレビューを聞いて確認します。
  4. 結果に満足したら、抽出されたボーカルトラックをダウンロードします。

ボイスチェンジャー

ボイスチェンジャーは、AIを活用した音声変換機能です。

この機能を使えば、自分の声やアップロードした特定の声を、様々なキャラクターの声にカスタマイズすることができます。

キャラクターの選択には、発声言語、性別、年齢などの要素が含まれ、言語には日本語のほかに英語、フランス語、中国語などが対応しています。

また、キャラクターの年齢は子供、若者、大人、老人から選ぶことができます。

文字起こし

MyEditオーディオモードでは、音声ファイルをテキストに文字起こしする機能があります。

この機能を利用することで、ユーザーは手間をかけずに音声内容をテキスト化でき、さまざまな用途に活用することができます。

例えば、講師の講義やインタビューの内容を文字起こしする際や、YouTuberやライブ配信者にとっては、字幕の作成が容易になるため、非常に便利です。

使い方は以下の通りです:

  1. 音声ファイルをアップロードします。
  2. 文字起こしを行う言語を選択します。この言語選択は、AIによる文字起こしの精度を向上させるために重要です。
  3. 日本語、英語、中国語など、主要な言語が解析可能です。

音声ノイズ除去

「音声ノイズ除去」機能は、AIを利用して音声から雑音や背景ノイズを自動的に除去するものです。

この機能を使えば、ユーザーは簡単に背景ノイズのある音声をクリーンにし、ポッドキャスト、ビデオプロジェクト、音楽制作など様々な用途で高品質な音声を作成することができます。

使い方は以下の通りです:

  1. 音声ファイルをアップロードします。
  2. ノイズの除去レベルを設定し、必要に応じて音声の補償(ノイズとの合成度)を調整します。
  3. 「調整済」タブで編集結果を確認し、問題がなければダウンロードします。

ウィンドノイズ除去

「ウィンドノイズ除去」は、野外での録音時にマイクが拾う風の音を除去する機能です。

AIを利用して、風の音が混入した音声をクリアにすることができます。

この機能を使用することで、野外での録音が風の音によって品質が低下する問題を解決でき、よりクリアな音声を得ることができます。

特に、野外イベントや自然環境での録音において、有用なツールとなります。

使用方法は以下の通りです:

  1. 音声ファイルをアップロードします。
  2. ウィンドノイズの除去レベルを調整します。
  3. 編集モードには「シンプルモード」と「詳細モード」の2種類があります。
  4. 「詳細モード」では、ウィンドノイズの最高周波数や補償の調整が可能です。

音声強調

「音声強調」機能は、不要な背景ノイズを減少させ、こもった音声をクリアにし、聞き取りやすくするために設計されています。

この機能は特に、屋外録音時の環境音やナレーション、アフレコ時の音声品質向上に役立ちます。

この機能を活用することで、ユーザーは屋外録音やナレーション、アフレコなどでの音声品質を向上させることができ、よりクリアで聞き取りやすい音声を得ることが可能になります。

使い方は以下のようにシンプルです:

  1. まず音声ファイルをアップロードします。
  2. スライダーを使用して音声の強さ(スピーチレベル)を調整します。
  3. 「スピーチ補償」機能により、周囲の音とAIが上手く調和し、より自然な音声が得られます。
  4. 調整が完了したらプレビューで結果を確認し、希望する出力形式でダウンロードします。

その他の音声編集

MyEditでは、AIによる高度なカスタマイズ機能のほかにも、一般的な音声編集ツールが利用できます。

  1. オートトリミング: 音声ファイルから必要な部分だけを簡単に切り出し、編集することができます。シーケンス編集のようにマウス操作で音声を部分的に切り取ることが可能です。
  2. ピッチ変更: 話し声や音楽のボーカルの音の高さを変更する機能です。曲のテンポに影響を与えずにピッチを上下に調整できます。
  3. BPM測定: 曲の1分あたりの拍数を自動で測定する機能で、DJや演奏者がリミックスや演奏時のテンポを把握するのに役立ちます。

これらの機能により、MyEditは音声編集のプロセスを容易にし、ユーザーがより効果的に音声コンテンツを作成および調整できるようサポートします。

MyEditの始め方

MyEditはアカウントを開設するだけで簡単に利用できます。

1.公式サイトへアクセス

まずは、公式サイトへアクセスして右上の「サインイン」をクリックしてください。

2.アカウント作成

その後、ポップアップウィンドウが表示されるので、その画面上の「アカウントを作成」をクリックし、アカウントを作成します。

アカウントの作成が完了したら、登録したメールアドレスに確認通知が送られます。

その通知にある「アカウントを認証する」をクリックすると、アカウントの作成が完了します。

その後は、作成したアカウントでログインすることで、自分のアカウントでMyEditを利用することができます。

生成できない画像や音声について

MyEditではAIを使った画像生成や音声編集に一定の制限があり、特に、暴力的、アダルト(性的)、憎悪的な内容の生成はできません。

また、著作権、プライバシー、肖像権を侵害するようなコンテンツの生成も禁止されています。

これらの規則は、法的および倫理的な基準を守るために設けられおり、ユーザーはこれらの規制を理解し、遵守する必要があります。

画像や音声の商用利用について

引用:MyEdit公式サイト

MyEditで生成された画像や音声は、商用利用が可能です。

しかし、AI生成に使われた学習データの中には著作権で保護されているものが含まれている場合があり、そのような場合は商用利用を控える必要があります。

例えば、人気漫画のキャラクターなどがAIの学習に使用されている場合、作家や出版社が著作権を主張することがあります。

そのため、商用利用する前には、著作権の問題がないか確認し、必要であれば専門家の意見を求めることが望ましいです。

画像生成AIの著作権について学べるおすすめ書籍

created by Rinker
オーム社
¥1,980 (2024/07/17 21:34:33時点 Amazon調べ-詳細)

この本は、画像生成AIに関する著作権法、機械学習技術、そしてクリエイティブ業界の慣習という3つの異なる視点から、学習データや生成画像の法的および倫理的な問題を深掘りする一冊です。

イラストレーター、AI開発者、弁護士という、それぞれの専門分野を持つ3人が異なる視点で、50の質問に答えながら、画像生成AIを取り巻く権利や倫理についての理解を深め、議論を展開しています。

画像生成AIと著作権の基本概念から始まり、生成モデルの著作権に関する問題、学習データに関する課題、トラブル発生時の対応策、そして画像生成AIの将来像に至るまで、幅広いテーマを扱っています。

画像生成AIを利用している方、商業的な用途での使用を検討している方、または画像生成AIの法的・倫理的な側面に関心を持つ方などは必見の内容となっています。

MyEditの安全性や危険性は?運営元はどこ?

Googleで「MyEdit」と検索すると、「MyEdit 安全性」というキーワードが予測変換に現れることから、MyEditの安全性に関して不安を持つ人もいるようです。

そこで、MyEditの使用における注意点や潜在的な危険性について詳しく説明します。

MyEditを利用する上での注意点や危険性

MyEdit自体に直接的な危険性は確認されていませんが、著作権侵害のリスクには注意が必要です。

MyEditでは、生成された画像を商用利用することは可能ですが、他者の創造物と酷似したイラストを故意に生成することは禁止されています。

特に、漫画やアニメのキャラクターを含む画像は著作権侵害の可能性が高いとされています。

個人的に楽しむ範囲での画像生成には問題ありませんが、公開する際には著作権侵害にならないよう、特に注意が必要です。

運営元について

MyEditは、台湾に本社を置くサイバーリンク(CyberLink Corp.)が運営するツールです。

1996年に設立された同社は、1998年に日本にも支社を設けるなど、安定した歴史を持っています。

悪評もほとんど聞かれず、信頼性の面でも問題がないと考えられます。

参考:サイバーリンク公式サイト

Q&A

Q.MyEditはスマホで利用できる?

MyEditのスマホアプリはありませんが、ブラウザアプリでアクセスすることでスマホでもPC版と変わらずに画像生成することが可能です。

Q.日本語で利用できる?

MyEditは日本語に対応しており、プロンプトも全て日本語で入力することが可能です

Q.無料トライアルはある?

MyEditには無料トライアルはありませんが、無料プランがあるので、そちらで機能を試すことができます。

Q.無料で利用できる?

MyEditには無料プランがあります。

Q.生成した画像は商用利用できる?

ユーザーは生成した画像の商用利用が可能です。

まとめ

この記事では、AIを基盤とする画像・音楽編集ツール「MyEdit」について詳しくご紹介しました。

MyEditは、アニメ風の変換、アバター作成、画質の向上など、多岐にわたる機能を備えた使いやすいオンラインツールです。

特に、既存の人物写真を着せ替えたり、自分に似たアバターを作成したりできる機能は他のAIツールにはない独自の機能です。

さらに、テキストに基づいた画像生成も可能で、生成した画像の商用利用も認められています。

ただし、利用にあたっては規約やガイドラインを遵守することが大切です。

総じて、MyEditは画像や音楽の編集に興味がある方々にとって役立つツールであり、創造的な作品作りに貢献します。

さらに詳しい情報は、MyEditの公式ウェブサイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事URLをコピーしました