全ての記事

AI技術と専門知識が融合した優れた分析力を持つ「Meltwater」とは?効果的に活用するポイントを解説

tsukasa
記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Meltwater」は、ソーシャルメディア分析を行うためのツールです。

自社の評判や競合他社、市場動向などの情報を、さまざまなオンラインソースから収集・分析し、効果的な意思決定に役立てられます。

Meltwaterはソーシャルリスニングとメディアモニタリングの領域で幅広く活用されています。

この記事では、Meltwaterを使ってできることや料金、メリット、効果的に活用するポイントなどを解説します。

【PR】

Meltwaterとは?

引用:https://www.meltwater.com/jp

Meltwaterは、企業の影響力を最大化するためのソーシャルメディア分析ツールです。

主にソーシャルリスニングとメディアモニタリングの分野で活用されています。

ツールの特徴は、ソーシャルメディアやニュースサイト、ブログなど、オンライン上のさまざまなソースから競合他社や市場動向についての情報をリアルタイムで収集・分析できることです。

自社製品・サービスに関するフィードバックや市場トレンド、競合状況を把握することで、効果的な意思決定が可能となります。

Meltwaterは、世界120カ国以上で27,000社以上が導入しており、その強力なデータ統合性と優れたアクセス性から、大きな影響力を持つ世界的ブランドからも選ばれています。

Meltwaterを使ってできること

Meltwaterには、ソーシャルリスニングとメディアモニタリングの領域で役立つ機能がそろっています。ここでは、Meltwaterを使ってできることを4つ紹介します。

ソーシャルリスニング

Meltwaterは、X(旧:Twitter)やInstagram、Facebookなど、多岐にわたるソーシャルメディアプラットフォームを包括的に監視し、データをリアルタイムで収集・分析できます。

自社ブランドや製品に関する会話や投稿を追跡することで、顧客のニーズや関心に基づいてマーケティング戦略を立案したり効果的なコンテンツを作成したりできるようになります。

Meltwaterのソーシャルリスニングには、オーディエンスを真に理解するためのデータセットや炎上などの危機に適宜対応できる機能、自動で分析レポートを作成する機能なども備わっています。

検索数やデータ容量の制限もなく、チームのニーズに合わせて無制限でリサーチできるのが特徴です。

インフルエンサーの管理

Meltwaterには、インフルエンサーマーケティングを管理するためのプラットフォームも備わっています。以下のワークフローを一元管理することで、業務の効率化をサポートします。

  • ブランドに最適なインフルエンサーを見つける
  • 契約の締結、コンテンツの共同制作、報酬の支払いなど
  • ブランド認知を高め、収益を上げる

たとえば、Meltwaterでは、AIを活用して3,000万人のインフルエンサーの中から条件に合った最適なクリエイターを発掘できます。

インフルエンサーとの日々のやり取りやキャンペーン設計などもまとめて管理できるので、日々の作業工数を削減できます。

インフルエンサーマーケティングのROI(Return on investment)を最大化できるのが特徴です。

ソーシャルメディアの管理

Meltwaterでは、数十から数百のSNSアカウントを一括管理できます。

SNSアカウント管理を効率化して工数を削減するだけでなく、各SNSの効果を可視化する自動レポートやダッシュボード機能で自社のSNS運用体制を強化できるのが特徴です。

たとえば、コンテンツカレンダーで複数のSNSでの投稿スケジュールを設定・管理したり、各SNSに適した画像形式に調整・管理したりできます。

また、各SNSからデータを手作業で取り込む手間なく、各SNSのアクティビティをダッシュボードで一元管理・共有することも可能です。

Meltwaterは、企業PRに欠かせないSNSを一元管理したい、SNSをより効果的に運営したい企業に最適なツールです。

消費者インサイトの把握

Meltwaterでは、消費者の潜在ニーズの掘り起こしや一歩踏み込んだ分析ができます。

最新トレンドをマーケティングに活用し、マーケット動向や新しいビジネスチャンスを先取りすることで、競争優位性を高められます。

インサイトレポート画面は、AIによって情報がスマートに分類、美しく構成されているので、話題になっているトピックやコンテンツを容易に把握・分析できるのが魅力です。

また、データないのトレンドや消費者の行動パターンを自動で特定するため、多角的な視点から消費者の潜在ニーズを把握することができます。

Meltwaterの強み

ツールを導入するにあたっては、強みが自社のニーズとマッチしたものを選びたいところです。

他のソーシャルリスニングやメディアモニタリングのツールと比べて、Meltwaterが優れている点を紹介します。

世界最大級のデータベースを持つ

Meltwaterは、世界最大級のニュース・SNSデータベースを誇っています。

X(旧Twitter)やFacebook、Instagramなどの主要なソーシャルメディアプラットフォームからの情報だけでなく、ニュースサイトやブログ、フォーラム、レビューサイトなど、インターネット上のさまざまなソースからのデータを収集可能です。

豊富なデータベースを活用することで、リアルタイムで市場動向や消費者、競合他社に関するデータを包括的に把握し、マーケティング戦略に役立てられます。

Meltwaterの世界最大級のデータベースは、企業が定量的なデータをもとに意思決定を行うために欠かせないツールです。

AI技術と専門知識が融合した強力な分析力を持つ

AI技術と専門知識が融合した強力な分析力を持つこともMeltwaterの強みです。

MeltwaterのAIエンジンは、600万のメディアソースから収集したデータを業界別に分類・分析したり、レポートを作成したりできます。

何十億ものデータを速やかに分析し、インサイトを提供してくれるので、定量的なデータ分析に基づいた意思決定が可能になります。

AI技術と専門知識が融合した強力な分析力により、チームの誰もがデータを有効活用することが可能です。

初心者にも使いやすいプラットフォームである

Meltwaterは、初心者にも使いやすいプラットフォームです。

ソーシャルリスニングやメディアモニタリングで高度な分析を行えるツールでありながら、直感的で使いやすいインターフェースとなっているため、初心者でも容易に使いこなせます。

直感的な操作でチームの誰でも簡単にデータ把握・分析ができるので、専門知識やデータ分析の経験は必要ありません。導入してすぐに運用を開始できる点は魅力です。

Meltwaterの料金

プラン詳細
Essentialsブランドや顧客、市場モニタリング・分析を始めるための基本機能を搭載
Advanced顧客理解のためのインサイト・分析を提供するアドバンス機能
Suiteより深い分析と飛躍を実現するための、一元管理されたオールインワンソリューション
Enterprise Intelligence Suite消費者と市場を深く理解・把握するための、グローバルブランドに特化したソリューション

Meltwaterには4つの料金プランがあります。

基本機能を搭載した「Essentials」プランから、高度な分析ができるグローバルブランド向けの「Enterprise Intelligence Suite」まで、目的やニーズに合わせて選択できます。

具体的な金額については問い合わせが必要です。

Meltwaterを導入するメリット

デジタル時代のマーケティングにおいて、ソーシャルリスニングやメディアモニタリングは企業に大きな利益をもたらします。Meltwaterの導入によって期待できる5つのメリットについて、具体的に紹介します。

業務を効率化できる

Meltwaterを使って情報収集・分析やレポート作成などの作業を自動化することで、業務を効率化できます。

Meltwaterには、ソーシャルリスニングやメディアモニタリング、インフルエンサーマーケティングなどの作業工数を削減するための機能が充実しており、従業員の時間と労力を節約できます。

たとえば、マーケティングキャンペーンのための情報収集や、複数のSNSアカウントの投稿を作成・管理する作業などを自動化することで、業務効率化が叶います。また、リアルタイムのデータ分析により、迅速な意思決定も可能になります。

顧客と良好な関係を築ける

Meltwaterの導入により、顧客と良好な関係を築きやすくなります。Meltwaterのソーシャルリスニング機能を活用することで、リアルタイムで消費者の本音を把握できます。

たとえば、ネガティブな消費者の声に対しては問題解決や改善策の提案を行ったり、ポジティブな声や要望などには個別対応や製品・サービス改善への反映をしたりします。消費者の声に素早く反応することで、顧客の満足度や忠誠心を高めることが可能です。

マーケティング戦略を立てやすい

Meltwaterを活用することで、マーケティング戦略を立てやすくなります。ソーシャルメディアやオンラインメディアから情報を収集・分析することで、リアルタイムな市場や競合他社の動向に基づいて戦略を立案・調整できるようになります。

また、MeltwaterはSNS運営におけるマーケティング戦略設計にも役立ちます。各SNSのアクティビティ(いいね数やリツイート数、言及など)をまとめて管理できるので、将来の投稿やキャンペーンなどに関する意思決定をスムーズに行うことが可能です。

炎上対策に役立つ

Meltwaterは炎上対策にも役立ちます。オンライン上で自社の商品・サービスに対するネガティブな意見や潜在的な問題を早期に発見し、適切な対策を行うことで炎上を予防できます。

特にSNS上では炎上が簡単に引き起こされます。一度炎上してしまうと情報が拡散し、取り返しが付かなくなることも。

Meltwaterを使って炎上を未然に防ぎ、悪評や業績悪化から自社ブランドを守れることは、企業規模や業種にかかわらず大きなメリットです。

トレンドや競合他社について把握できる

Meltwaterの活用により、トレンドや競合他社に関する情報も把握できます。

Meltwaterでは、主要SNSからデータを収集してトレンド分析を行います。これにより、自社ブランドに関連するトピックやキーワードに関するトレンドや話題の変化を把握することが可能です。

また、競合他社のオンライン上での活動もモニタリングできます。競合他社がどのようなキャンペーン・プロモーションを実施しているか、製品・サービスを提供しているかなどを把握することが可能です。

このように、Meltwaterを使用することで、トレンドや競合他社に関する情報を効果的に把握し、マーケティング戦略を立てられるようになります。

Meltwaterを効果的に活用するポイント

Meltwaterの導入にあたっては、効果的な活用ポイントを知っておく必要があります。

目的を明確にする

Meltwaterを導入するにあたっては、まず活用の目的を明確にしましょう。具体的な目標を設定することで、どのようなデータを収集し、どのような分析を行うべきかが明確になります。

Meltwaterにはさまざまな機能が備わっており、自社ブランドの評判・競合他社の動向把握、市場トレンドの分析など、目的によって活用方法は異なります。Meltwaterの機能や機能を最大限に活用し、目標に向かって効果的なアクションを取れるよう、導入前に目的を明確にしておきましょう。

運用体制を構築する

Meltwaterを効果的に活用するためには、適切な運用体制を構築することが重要です。

運用体制を構築することで、Meltwaterの活用プロセスがスムーズに進行し、情報の収集から分析、結果の活用までを効果的に管理することができます。運用体制には、専門的なチームや担当者の配置、役割の明確化、作業フローの設計などが含まれます。

誰がMeltwaterを管理し、データの収集や分析を担当するのかを明確にし、ワークフローに沿って効果的な活動を展開できるように準備を進めましょう。

ツールの機能を理解する

Meltwaterを最大限に活用するためには、ツールの機能や機能を十分に理解することが重要です。ツールの機能を理解することで、適切なデータ収集や分析方法を確立し、得られた情報を活用して戦略的な意思決定を行うことが可能となります。

トレーニングやデモンストレーションなどを通じて、ツールが提供する機能や使い方を学ぶ機会をつくりましょう。

まとめ

Meltwaterは、ソーシャルリスニングやメディアモニタリングを効果的に行うのに役立つツールです。世界最大級のデータベースと、AI技術と専門知識が融合した強力な分析力が特徴です。導入には料金がかかりますが、費用以上のメリットが期待できます。

Meltwaterを効果的に活用するためには、目的を明確にして運用体制を構築した上で、ツールの機能を理解することが重要です。Meltwaterのソーシャルリスニングやメディアモニタリングを活用し、デジタル時代のマーケティング戦略に役立てましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事URLをコピーしました