ChatGPT

ChatGPTが切り開く新時代!AI技術を駆使した革新的サービス7選

tsukasa
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの日常生活やビジネスのあらゆる側面において、AIはもはや不可欠な存在となりつつありますね。

そこで、この記事では、これまで専門家にしかできなかった作業をAIが手がけることで、誰でもが可能になるような最新のAIサービスについて紹介します。

【PR】

Webサイトの自動生成

このツイートでは、簡単な指示だけで理想のサイトが作れるChatGPTのプラグイン「B12」が紹介されています。

「AIシステム会社のサイトを作りたい」などといった、作りたいサイトの要望を入力するだけで数秒でウェブサイトが生成される様子が紹介されています。

編集も簡単で、問い合わせフォームやレスポンシブ対応、SEO対策など本格的なサイトが作れます。

このプラグインを使えば、特別なスキルがなくても誰でも簡単にウェブサイトを作成できるようになるでしょう。

また、企業が新規事業のウェブサイトを素早く立ち上げる際のツールとしても活用できると思います。

ライティングの自動化

このツイートではWordPressのプラグイン「Jetpack AIアシスタント」の機能が紹介されています。

このプラグインを使えば、ボタン一つでブログのコンテンツを自動生成し、見出し、記事全体、さらには翻訳までが可能で、記事を書く際に時間がかかる作業をAIがサポートしてくれます。

ライティングに時間がかかる場面や、アイデアが浮かばないときに大いに役立ちそうです。

データサイエンティストの代替

このツイートでは、「Code Interpreter」というChatGPTの新機能について述べられています。

この機能は既にアルファ版として一部のユーザーに提供されており、Pythonコードの実行やファイルのアップロード・ダウンロードが可能となっています。

これにより、データサイエンティストが日常的に行う作業を自動化できる可能性があります。

一方で、データサイエンティストの役割や存在価値がどのように変わるのか、新たな視点から見直す機会になるかもしれません。

スライドの自動生成

このツイートでは、「AIが自動でスライドを作成してくれる」ツールについて紹介されています。

ユーザーがテキストを入力するだけで、魅力的なスライドを自動的に生成するという画期的な機能です。

このようなツールを活用すれば、誰でもプレゼンテーション資料を手軽に作成できるようになり、ビジネスの効率化に大いに貢献するでしょう。

さらに、プロのようなスライド作成が可能になり、質の高いプレゼンテーションが期待できます。

データ分析の自動化

このツイートでは、AIツール「Row」を使って、大量のデータをチャットでグラフ化したり、様々なツールとデータの自動連携ができたり、さらには共有や共同編集も可能という内容が述べられています。

一つのツールでここまで多機能なデータ操作が可能ということに驚きます。

このようなツールを使用することで、データ分析の敷居が大幅に下がり、誰でも簡単にデータ分析を行えるようになりそうですね。これによりデータを活用した意思決定がより身近になるでしょう。

UIデザインの自動生成

このツイートでは、Uizardの新機能「Autodesigner」を使用して、テキストの指示だけでAIが人材の求人アプリのUIデザインを生成した事例が紹介されています。

指示を出すだけで複数ページのUIデザインが出力される点が非常に驚きです。

AIを使用すれば、アイデアからプロトタイプまでの時間が大幅に短縮され、デザインの初期段階でも多くのアイデアを試すことが可能になりそうですね。

AIによる契約書のレビュー

こちらのツイートでは、AI弁護士「Juri Flow」が法的な質問への回答や契約書のレビューを行っている事例が紹介されています。

法律の専門知識が必要なタスクをAIが手がけていることが驚きです。

AIを活用すれば法的な問題解決における効率性と精度が向上し、一部の専門的な仕事が自動化され、時間とコストを節約する可能性がありますね。

まとめ

これまで専門家にしかできなかった作業をAIが手がけることで、誰でもが可能になるような最新のAIサービスについて紹介しました。

この先も、さらに専門家が行なっていたような作業をAIを使うことにより誰でもできるようになっていくことは間違い無いでしょう。

また情報があれば、追記していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事URLをコピーしました