全ての記事

生成AIを使いこなすにはプロンプトが重要!作成のコツと例を分かりやすく解説

a.matsuzaki
記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

生成AIを導入すると業務効率化につながり、コスト削減が見込めます。しかし、生成AIの真の力を引き出すには適切なプロンプト(指示出し)が不可欠です。

「生成AIを使ってみたけれど思ったような成果が出ない」「生成AIを使いこなせない」と感じている人は少なくありません。

これは、多くの場合、プロンプトが適切でないことが原因です。

本記事では、生成AIを最大限活用するために必要なプロンプトの作成手順や作成のコツ、効果的な作成例を紹介します。

これらの知識を身につけることで、生成AIの出力品質を大幅に向上させ、業務の生産性を飛躍的に高めることができるでしょう。

「生成AIにどのような指示を出せばよいのか良く分からない」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

【PR】

生成AIとは

生成AIとは、人工知能技術の一種で、新しいコンテンツや情報を自動的に生成する能力を持つシステムです。

機械学習、特に深層学習を基盤とし、大量のデータから学習したパターンを用いて、テキスト、画像、音声、動画などを生成します。

例えば、自然言語処理を用いたテキスト生成AI(ChatGPTなど)や、画像生成AI(DALL-E、Stable Diffusionなど)があります。

いずれも、人間の指示や入力に基づいて、高品質で多様なコンテンツを短時間で生成するのが特徴です。

業務効率化や創造性の向上などにつながる新技術として、ビジネス文書の作成、プログラミング支援、デザイン制作、音楽制作など、幅広い分野で活用されています。

生成AIの仕組みや使い方、企業での活用事例について詳しく知りたい方は、こちらの記事をあわせてご覧ください。

合わせて読みたい
生成AIとは?仕組み・使い方・活用事例・メリット・注意点について徹底解説!
生成AIとは?仕組み・使い方・活用事例・メリット・注意点について徹底解説!

生成AIのプロンプトとは

プロンプトとは、生成AIに対して与える指示や入力を指します。

テキスト(文章)の形で提供し、AIに何を生成してほしいか、どのような方法で生成してほしいかを伝えるものです。

プロンプトは、ユーザーの意図をAIに正確に伝える重要な役割を持ちます。

生成AIプロンプトの役割

プロンプトはAIに対して主に次の役割を持ちます。

役割概要
目的の明確化AIに対して、何を生成すべきかを明確に伝える
コンテキストを伝える生成すべき内容の背景や文脈を与える
制約の設定生成内容の長さ、スタイル、トーンなどの制限を指定する
具体的な指示特定の情報や要素を含めるよう指示する
出力形式の指定結果をどのような形式で出力すべきかを指示する

生成AIは、「雑談しよう」といった、曖昧な指示には上手く答えることができません。

「この文章を英訳してください」「このデータを分析した上で、問題点を洗い出して解説策を5つ提案してください」といった具体的な指示を与えることが大切なのです。

生成AIプロンプトの重要性

生成AIを効果的に活用するには、適切なプロンプト設計が不可欠です。プロンプトは、AIとのコミュニケーションツールであり、出力の質を大きく左右します。

適切なプロンプトは、AIの出力の質と適合性を向上させ効率性向上につながります。

プロンプトを通じて特定のニーズに対応し、一貫性のある結果を確保できるのも特徴です。例えば同じ質問でも「小学2年生が理解できるように説明してください」「専門家向けに説明してください」と条件をつけることで、AIから得られる回答は大きく変化します。

必要なコンテキストを提供することで、誤解や不適切な出力のリスクが低減するのです。

生成AIの能力を最大限に引き出すためにプロンプトが重要な役割を果たします。

生成AIプロンプトの作成手順

ここでは、プロンプトの作成手順について5ステップで紹介します。

「生成AIが使いこなせない」「希望した回答が得られない」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

1. 目的を明確にする

まず、生成AIに何を生成させたいのか、具体的な目的を明確にしましょう。目的が曖昧だと、生成AIからはっきりした回答が引き出せません。

例えば、「500字程度の製品紹介文を作成する」や「データ分析の結果を視覚化する」などです。

また、生成されたコンテンツを読む対象者(ターゲットオーディエンス)を明確にすることも大切です。

「小学生向け」「顧客向け」「従業員向け」「専門家向け」などさまざまな対象者が考えられます。対象者を明確にすることで、言葉遣いやトーンを適切に設定できます。

2. キーワードとフレーズを選定する

目的を明確にしたら、生成AIに提供するキーワードやフレーズを選びます。

専門用語や重要な概念、必要な情報などが該当するでしょう。

特に必要なのが以下の内容です。

・生成AIの役割
・提案相手
・提案の目的
・制約条件
・出力形式
・トーンとスタイル
・参考情報
・期待する成果

生成AIが必要なコンテンツを生成するためのガイドラインとなります。

3. プロンプトを作成する

生成AIに対して、どのような背景や状況を踏まえたコンテンツを生成してほしいのかを明確に伝えます。

これにより、より具体的で関連性の高いコンテンツ生成が期待できます。

プロンプトを作成する際はキーワードとフレーズを効果的に使用し、具体的で分かりやすい指示を出しましょう。

例えば、「2024年の技術トレンドについて、AI、IoT、サイバーセキュリティに焦点を当てた500字の記事を書いてください。」といった具体的な指示が有効です。

具体的な作成方法やテクニックについては後述します。

4. フィードバックを反映する

生成AIの出力を確認し、期待に沿わない部分があれば、そのフィードバックを元にプロンプトを修正しましょう。

フィードバックを繰り返すことがプロンプトの精度向上につながります。

例えば、「AIの倫理的影響について500字で説明してください」というプロンプトに対する回答が浅い場合、「AIの倫理的影響について、プライバシー、雇用、意思決定の公平性の観点から500字で詳しく説明してください」と具体的な観点を追加することで、より深い内容を引き出せる可能性があります。

フィードバックを与える際は、明確な指示や追加情報の提供が効果的です。

「この部分をもっと詳しく」「〇〇の観点も含めて」など、具体的な改善点を示すことで、AIの出力をより望ましい方向に導くことができます。

なお、場合によっては生成AIが複雑なタスクに対応できないこともあります。

その場合は、短いプロンプトから始めて徐々に詳細を追加していく段階的アプローチが効果的です。

また、生成AIの種類やバージョンによっては、長すぎるプロンプトが適切に処理されない可能性があるため注意が必要です。

プロンプトの長さと内容のバランスを取りながら、最適な結果を得られるよう調整を重ねていきましょう。

5. 結果を確認し、最終調整を行う

最終的に生成されたコンテンツを慎重に確認し、必要に応じて微調整を行いましょう。例えば、文章の流れの改善やキーポイントの強調などを行うことで、コンテンツの質向上につながります。

調整後のコンテンツが当初の目的に合致しているか、また対象読者にとって適切かを再確認します。期待する品質に達していない場合は、前のステップに戻ってプロンプトを修正することも検討してください。

なお、生成AIはハルシネーション(誤情報)を出力することがあります。そのため、必ず人の手によるファクトチェックを行い、情報の正確性を確保しましょう。

特に重要な事実や数字については、信頼できる外部ソースと照合することをおすすめします。

生成AIプロンプト作成のコツ

AIを最大限に活用するためには、適切なプロンプトを作成することが大切です。

ここでは、プロンプトを作成する時に欠かせない5つのコツを紹介します。

明確で具体的な指示

プロンプトはできるだけ明確かつ具体的にすることが重要です。

曖昧な指示ではなく、具体的な要件や期待するアウトプットを伝えます。

例:「夏のバカンスにぴったりなビーチリゾートについて、300文字以内で紹介してください」

このように、具体的な指示を与えることで出力の精度が向上します。

条件指定を行う

プロンプトに条件指定を行うと、より希望に沿った出力が期待できます。

主な条件と例は次の通りです。

  • 前提条件: 「対象読者は初心者です」
  • 役割:  「あなたは旅行ガイドです」
  • 制約条件: 「専門用語は使わないでください」 
  • 依頼: 「簡潔で分かりやすい文章を書いてください」
  • 形式:「箇条書きを使ってください」

条件指定について、詳しくは後述します。

サンプルを提供する

可能であれば、期待するアウトプットに似たサンプルを提供しましょう。

これにより、生成AIがどのようなコンテンツを生成すべきかを理解しやすくなります。

短いプロンプトから始めて改善する

最初は短いプロンプトから始め、生成されたコンテンツを見て必要に応じてプロンプトを調整します。

これにより、少しずつプロンプトを最適化できます。

プロンプトを記録・保存する

効果的なプロンプトは記録しておき、今後の参考にしましょう。

また、同様の目的で使用する際に再利用できるように保存しておきます。

生成AIプロンプトを使いこなすための「条件」とは

プロンプトに応じて必要な条件ををつけると、より目的に合ったテキストや画像を生成できます。

条件を付けるときは、目的に沿ったものをつけましょう。

筆者がよく使う条件は次の5つです。

条件概要効果
前提条件プロンプト実行前に満たすべき基本条件コンテキストを適切に設定し、目的に沿った回答を出力する
役割生成AIに特定の役割を課す特定の視点や専門知識に基づいた回答を生成
制約条件回答を出すための制限事項必要な形に近い回答を出力する
依頼具体的な要求必要とする具体的なアクションや結果を得る
形式回答の形式を指定する(例:リスト形式、表 など)情報の提示方法を規定する

すべての条件を必ずつけなければいけないわけではありません。

必要なものだけを利用してみましょう。

ECサイトで商品紹介文を生成する際に役立つプロンプト例を紹介します。

# 前提条件:「ターゲット顧客が{特定の年齢層/職業/趣味を持つ人々}であることを前提として」
# 役割:「商品の{マーケティング担当者/開発者}として」
# 制約条件:「商品は{特定の価格帯/使用環境}で利用されることを意識して」
# 依頼:「この商品の{主要な機能と利点}を紹介してください」
# 形式:「特徴を箇条書きでリストアップし、各特徴について短い説明を加えてください」

このように、条件を設定することで、目的に沿った文章出力が期待できるのです。

生成AIプロンプトの例10選

ここでは業種別に10個のプロンプト例を紹介します。

1. マーケティング

市場分析や戦略立案を提案するプロンプト例です。

# 前提条件:「ターゲット市場が{特定の年齢層/職業/趣味/地域}の顧客であることを前提として」
# 役割:「マーケティング担当者として」
# 制約条件:「マーケティング予算が{特定の金額}であることを考慮して」
# 依頼:「このターゲット市場に対する効果的なマーケティング戦略を提案してください」
# 形式:「戦略は以下の形式で構成してください:
1. 市場分析(ターゲット市場の特徴とニーズ)
2. 戦略概要(全体のアプローチと目標)
3. 戦術(具体的なマーケティング手法やチャネル)
4. 予算配分(各戦術への予算配分)
5. 成果測定(成功指標と評価方法)」

2. カスタマーサポート

顧客からの問い合わせに利用できる効果的な対応策を提案するためのプロンプト例です。

# 前提条件:「顧客が{特定の製品/サービス}を使用していることを前提として」
# 役割:「カスタマーサポート担当者として」
# 制約条件:「サポート提供時には{特定の制約(例:対応時間、手続き)}を考慮して」
# 依頼:「この顧客の{具体的な問題や質問}に対する解決策を提供してください」
# 形式:「回答は以下の形式で構成してください:
1. 問題の確認(問題の詳細と背景)
2. 解決策の提示(具体的な手順やアドバイス)
3. 追加サポートの提案(必要に応じて追加のリソースやサポートの提供)」

3. 人事・採用

採用プロセスを提案するプロンプト例です。

# 前提条件:「候補者が{特定の職種/スキル/経験}を持っていることを前提として」
# 役割:「採用担当者として」
# 制約条件:「採用プロセスには{特定の制約(例:予算、時間、リソース)}を考慮して」
# 依頼:「この候補者の評価と選考のための具体的な方法や質問を提案してください」
# 形式:「提案は以下の形式で構成してください:
1. 評価基準(候補者のスキルや経験の評価ポイント)
2. 面接質問(具体的な質問とその意図)
3. 選考プロセス(ステップごとの手順とスケジュール)
4. 決定基準(最終決定に必要な要素とその重要性)」

4. セールス

ターゲット顧客に効果的なアプローチ方法を提案するプロンプト例です。

# 前提条件:「ターゲット顧客が{特定の業界/ニーズ/問題}を持っていることを前提として」
# 役割:「セールス担当者として」
# 制約条件:「セールス活動には{特定の制約(例:予算、時間、リソース)}を考慮して」
# 依頼:「このターゲット顧客に対する効果的なセールス戦略を提案してください」
# 形式:「提案は以下の形式で構成してください:
1. 顧客分析(ターゲット顧客の特性とニーズ)
2. 戦略概要(全体のアプローチと目標)
3. セールストーク(具体的な販売手法やチャネル)
4. フォローアップ計画(アフターケアや再アプローチの方法)」

5. プロジェクト管理

プロジェクトの体系化を提案するプロンプト例を紹介します。

# 前提条件:「プロジェクトチームが{特定の経験/スキルセット/役割}を持っていることを前提として」
# 役割:「プロジェクトマネージャーとして」
# 制約条件:「プロジェクトは{特定の期限、予算、リソース}内で完了することを考慮して」
# 依頼:「このプロジェクトの管理計画を提案してください」
# 形式:「提案は以下の形式で構成してください:
1. プロジェクト目標(具体的な目標と成功指標)
2. スコープ(プロジェクトの範囲と主要な成果物)
3. タイムライン(主要なマイルストーンとスケジュール)
4. リソース計画(必要なリソースと担当者)
5. リスク管理(潜在的なリスクとその対策)
6. コミュニケーション計画(ステークホルダーとの情報共有方法)」

6. ITサポート

従業員や顧客に対するITサポートを提案するプロンプト例です。

# 前提条件:「ユーザーが{特定のデバイス/ソフトウェア/システム}を使用していることを前提として」
# 役割:「ITサポート担当者として」
# 制約条件:「サポート提供時には{特定の制約(例:対応時間、特定の手順)}を考慮して」
# 依頼:「このユーザーの{具体的な問題や質問}に対する解決策を提供してください」
# 形式:「回答は以下の形式で構成してください:
1. 問題の確認(問題の詳細と背景)
2. 初期診断(基本的な確認事項とテスト)
3. 解決策の提示(具体的な手順やアドバイス)
4. 追加サポートの提案(必要に応じて追加のリソースやサポートの提供)」

7. 経理・財務

特定のプロジェクトに対する財務報告や予算管理、コスト管理などを提案するプロンプト例です。

# 前提条件:「対象のプロジェクトが{特定の期間/部門/目的}に関連していることを前提として」
# 役割:「経理・財務担当者として」
# 制約条件:「財務報告や経理業務には{特定の制約(例:締切、予算、規制遵守)}を考慮して」
# 依頼:「この財務管理または経理業務に関する具体的な提案や報告を提供してください」
# 形式:「提案は以下の形式で構成してください:
1. 財務状況の分析(現状の財務状況や課題)
2. 予算策定(予算の詳細とその配分)
3. コスト管理(コスト削減策とその実施方法)
4. キャッシュフロー管理(キャッシュフローの予測と管理方法)
5. リスク管理(潜在的なリスクとその対策)
6. 実行計画(実施手順とスケジュール)」

8. 研究・開発

新製品の開発やプロジェクトの計画などを提案するプロンプト例です。

# 前提条件:「対象のプロジェクトが{特定の技術/製品/研究分野}に関連していることを前提として」
# 役割:「研究・開発担当者として」
# 制約条件:「研究・開発活動には{特定の制約(例:予算、時間、リソース)}を考慮して」
# 依頼:「この研究または開発プロジェクトの計画を提案してください」
# 形式:「提案は以下の形式で構成してください:
1. 研究背景と目的(プロジェクトの背景と目指す成果)
2. 研究課題と仮説(解決すべき課題と仮説の設定)
3. 研究方法(具体的なアプローチと手法)
4. 開発プロセス(主要なステップとスケジュール)
5. 必要なリソース(必要な人材、設備、資材など)
6. リスク管理(潜在的なリスクとその対策)
7. 成果の評価方法(成功指標と評価基準)」

9. トレーニング・教育

教育プログラムやトレーニングコースの計画を提案するプロンプト例です。

# 前提条件:「対象の学習者が{特定のレベル/バックグラウンド/目標}を持っていることを前提として」
# 役割:「教育者/トレーナーとして」
# 制約条件:「教育活動には{特定の制約(例:時間、リソース、予算)}を考慮して」
# 依頼:「この教育プログラムまたはトレーニングコースの計画を提案してください」
# 形式:「提案は以下の形式で構成してください:
1. 学習目標(具体的な目標と達成指標)
2. カリキュラム構成(主要なトピックとその順序)
3. 教材とリソース(使用する教材や必要なリソース)
4. 教育方法(具体的な教育手法やアクティビティ)
5. 評価方法(学習成果の評価基準と方法)
6. スケジュール(実施スケジュールとタイムライン)」

10. ブログ記事

ブログ記事を提案するプロンプト例です。

# 前提条件:「ターゲット読者が{特定の知識レベル(初級者/中級者/上級者)/興味}を持っていることを前提として」
# 役割:「〇〇の{専門家/経験者/レビューアー}として」
# 制約条件:「記事は{特定の制約(例:1000文字以内/具体的なキーワードを使用するなど)}を考慮して」
# 依頼:「〇〇に関するブログ記事を作成してください」
# 形式:「記事は以下の形式で構成してください:
1. 導入(背景情報や問題提起)
2. 本文(詳細な情報や説明)
3. 結論(要約と締めくくり)」

生成AIプロンプトを使用する際の注意点

生成AIには誤情報のリスクなどがあります。そのため、プロンプトを使用する際は次の3つに注意しましょう。

1.AIには限界がある

AIには限界があり、特定のタスクや複雑な問題に対して完璧な回答を提供できない場合があります。

そのため、AIが生成した情報は常に人間による検証が必要です。

AIはあくまでも補助ツールと位置づけ、必ず人の目で最終確認を行いましょう。

2.誤情報のリスク

AIは信頼性のある情報源からのデータを使用していますが、それでも誤情報を生成する可能性があります。

特に事実確認が重要な場合は、AIの出力を必ず人間が確認し、必要に応じて訂正が必要です。

生成された内容が正確かどうかを確かめるために、複数の情報源と照らし合わせるようにしましょう。

3.データプライバシー

生成AIは入力した情報を学習しているものも少なくありません。

そのようなAIを利用する場合は、プロンプトに個人情報や機密情報を含めないように注意しましょう。

データプライバシーに関するポリシーを遵守することが必要です。

特に、個人情報や企業の機密情報を扱う場合は、情報漏洩を防ぐための対策を徹底することが重要です。

まとめ

生成AIを使いこなすには、適切なプロンプトの入力が欠かせません。

本記事のプロンプト例を参考に、自社に合ったプロンプトを作成し、活用してみましょう。

なお、生成AIはあくまでも補助ツールと言う位置づけです。

出力された文章や情報をそのまま鵜吞みにせず、必ず人間の目で確認することが大切です。

生成AIを適切に活用し、業務効率化やコスト削減につなげましょう。

ビジネスシーンで画像生成AIをどう活用すればよいかとお悩みの方は、こちらの記事をご覧ください。

合わせて読みたい
ビジネスシーンで画像生成AIはどう使える?具体的な活用シーンをご紹介
ビジネスシーンで画像生成AIはどう使える?具体的な活用シーンをご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事URLをコピーしました