実用的な議事録AI「YOMEL」の使い方や料金を徹底解説!無料トライアルは可能?

a.matsuzaki
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

現代のビジネスシーンでは、会議や商談の効率化が求められています。

しかし、議事録作成は手間がかかり、非効率的な作業となりがちです。

そんな中、議事録作成の負担を軽減し、会議の生産性を高める解決策として注目されているのがAI議事録ツール「YOMEL」です。

YOMELはどのような機能で、会議や商談の時間を短縮し、効率化してくれるのでしょうか。

ここでは、YOMELの料金プランや主な機能、詳しい登録方法や使い方について徹底的に解説していきます!

【PR】

YOMELとは

引用元:https://ai.yomel.co/gijiroku/

YOMELは、最新の音声認識技術を駆使したAIツールです。

会議や商談などの音声をリアルタイムでテキスト化し、議事録を効率的に作成します。

自動で発言者を識別し、話された内容を文章に変換するだけでなく、「あー」「えー」といった無駄な音声もカットしてくれます。

さらに、会議の要点を箇条書きでまとめたり、重要な発言をブックマークするなど、後で内容を振り返る際にもとても便利です。

YOMELはただの文字起こしツールではなく、会議の内容を効果的に整理し、共有する多機能プラットフォームです。

YOMELは日本語で利用できる?

YOMELは、日本語での使用に完全対応しています。

インターフェース全体が日本語で設計されており、日本語の音声認識に特化しています。

ユーザーインターフェースだけでなく、ナビゲーションやカスタマーサポートもすべて日本語で提供されているため、日本のユーザーでも安心して利用可能です。

また、専門用語や固有名詞の辞書登録機能も日本語に対応しており、会議や商談での専門的な用語も正確にテキスト化されます。

より正確で読みやすい議事録を作成できるツールです。

YOMELの料金は?

引用元:https://ai.yomel.co/gijiroku/plan

YOMELには多様な料金プランがあり、さまざまなビジネスニーズに対応しています。

無料で利用できるトライアル期間を設けており、初めてのユーザーでも気軽にYOMELの機能を試すことが可能です。

基本的なスタータープランは月額28,000円からとなっており、ID数に制限がなく月30時間の利用が可能です。

さらに利用時間がより長く、高度な機能が使えるスタンダードプランやビジネスプランもニーズに応じて選択できます。

企業が成長し、より多くの時間や機能が必要になるにつれて、プランをステップアップすることも容易です。

YOMELの柔軟な料金設定により、多様な規模の企業やチームが、最適なプランを選べるようになっています。

YOMELの機能

引用元:https://ai.yomel.co/gijiroku/plan

YOMELは、会議の効率化を図るための、さまざまな先進機能を備えたAI議事録ツールです。

主な機能として、全文書き起こしを行い、会議中の発言をリアルタイムでテキスト化します。

また、発言者ごとに自動で識別し、話者の名前を変更することで、議事録全体の発言者を一括で更新可能です。

さらに、会議の要点を自動的に箇条書きにまとめる機能や、重要な発言をブックマークして簡単にアクセスできる機能も搭載しています。

会議後の議事内容の確認が、迅速かつ容易に行えます。

自動要約機能では、会議が終了すると同時にその内容を短縮された形で要約し、時間を節約しながらも重要な情報を把握可能です。

YOMELはただの議事録ツールではなく、会議の内容を効果的に管理し、業務の効率化を支援する多機能プラットフォームです。

YOMELの始め方

引用元:https://ai.yomel.co/gijiroku/trial

引用元:https://ai.yomel.co/gijiroku/usage

YOMELは、シンプルに設計されており、初めてのユーザーでも迷うことなく始められます。

まず、YOMELの公式サイトにアクセスし、アカウントを作成しましょう。

「名前」「会社名・部署」「電話番号」「社用メールアドレス」を入力し、「無料トライアル」をクリックします。

アカウント作成後、必要な設定を行うと、トライアル期間を活用して全機能を無料で試すことができます。

次に、YOMELを会議に適用する基本的な設定を行います。

会議のタイプや参加者の声を正確に識別する話者設定が可能です。

設定後、会議が始まるとYOMELは自動的に会議の音声を認識し、リアルタイムでテキスト化を始めます。

会議終了時には、生成された議事録を編集・整理する専用エディタが利用可能です。

エディタでは、自動で抽出された要点やQ&Aを確認し、必要に応じて追加の注釈や変更を加えることができます。

最終的には、完成した議事録をURLやファイルとして参加者と共有可能です。

YOMELは、会議の準備から議事録の共有まで、一連のプロセスをサポートしています。

画面のスクリーンショットとともに、具体的な操作方法が説明されているので、ユーザーが視覚的にも理解しやすい仕組みです。

YOMELの使い方

引用元:https://ai.yomel.co/gijiroku

では、実際にYOMELを利用してみましょう。

YOMELはとてもシンプルで操作方法もわかりやすく、誰でもすぐにYOMELを使いこなせるよう設計されています。

ステップバイステップでの使用方法

引用元:https://youtu.be/6gIwMWkxYVA

会議の開始: 会議が始まる際に、YOMELの「開始ボタン」をクリックしましょう。

YOMELが自動的に会議に参加し、参加者の発言をリアルタイムで聞き取り、テキスト化を開始します。

重要事項の記録: 会議中に特に重要な発言や議題がある場合、直接クリックしてブックマークできます。

議事録に残すべきポイントの記録に有用です。

会議の終了と議事録の確定: 会議終了時には「終了ボタン」を押すことで、会議での全発言が文書化された議事録が完成します。

また、作成された議事録は、URLリンクとして参加者と共有することが可能です。

便利な機能

YOMELの主な機能を3つ紹介します。

自動話者識別

YOMELは全参加者の発言を自動で識別し、個々の発言を識別できます。

必要に応じて話者の名前をカスタマイズすることも可能です。

全文書き起こしと自動要約

YOMELはすべての発言をテキスト化し、会議終了後には内容を自動的に要約します。

会議の要点を簡潔に把握でき、効率的な情報共有が可能です。

議事録エディタ: 自動生成された議事録は、YOMELのエディタで編集できます。

不要な情報の削除や追加のテキスト入力を行い、完璧な議事録を作成可能です。

セキュリティとプライバシー

YOMELはセキュリティ対策が徹底されており、IPアドレス制限や個人情報の自動除去機能を含む多くのセキュリティ機能が備わっています。

会議内容の秘密保持が確保されます。

YOMELは会議の議事録作成を簡単かつ効率的にすることができる強力なツールです。

どのような会議形式にも対応し、使いやすさと高機能を兼ね備えているため、ビジネスの生産性を向上させることが期待できます。

実際にYOMELで生成した議事録の例

引用元:https://youtu.be/6gIwMWkxYVA

YOMELを利用することで、実際の会議や商談の効率化を図ることができます。

たとえば、ある企業の役員会議でYOMELを使用したところ、議事録作成の工数が大幅に削減されました。

YOMELは会議が終了すると自動ですべての発言をテキスト化し、要約も同時に提供します。

以下に、YOMELを使用して生成された議事録の一部を紹介します。

会議日時:2024年5月1日 15:00 – 16:30
出席者:A部長、B課長、C係長
議題1:次四半期のプロジェクト進行について
A部長:「来期の主プロジェクトについて、各部署から進捗状況を共有してほしい。特に予算とリソースの配分を詳細に。」
B課長:「現在、プロジェクトXについては予算の80%を消化しており、残りは人件費に充てる計画です。」
C係長:「リソースについては、新たに5名のアサインを予定しています。ただし、そのための追加予算が必要です。」
議題2:新製品開発の提案
B課長:「新技術を用いた製品提案書を作成しました。次回の会議で詳細を報告します。」
議事録自動要約:次四半期のプロジェクトは予算の大部分が消化されており、追加人員の確保には更なる予算が必要。新製品については次回詳細を報告予定。

このように、YOMELは会議中の発言をリアルタイムで正確にテキスト化し、重要なポイントを自動で要約します。

参加者は会議の内容を迅速に振り返り、必要なアクションを速やかに開始できます。

YOMELの議事録は共有も容易で、会議後すぐに全参加者に情報を配布可能です。

YOMEL利用者の評価

YOMELは、議事録の自動作成を可能にするAIツールです。

会議や商談の議事録作成に関して、高い精度と利便性で多くの利用者や企業から評価されています。

運送業のユーザー  

「YOMELを使い始めてから、オンライン商談の対話内容がテキスト化されるため、業務の効率化が実現しました。

スタッフからの報告や会話内容の確認も容易になり、営業時の利用も非常に便利です」

建設業のユーザー  

「以前は、会議の議事録を作成するのに会議時間の2〜3倍の時間が必要でしたが、YOMELの導入により、大幅に作成時間が短縮され、助かっています。

自動的にチャット形式で書き起こされるので、確認作業も容易です」

IT企業のユーザー  

「コールセンターでのYOMEL導入により、処理時間が50%削減されました。

通話時間を削減せずに業務改善が実現し、顧客との信頼関係を維持できます」

経営コンサルティング業のユーザー  

「オンライン商談の対話内容を可視化するYOMELの使用により、スタッフからの報告とクライアントとの会話内容のチェックが可能になり、フォーキャスト管理の精度が向上しました。

また、受注率の高いスタッフの会話内容を共有することで、営業トークの改善にも繋がっています」

コンサルティング業のユーザー  

「自社専用の音声認識モデルを作成できるため、業界特有の用語も正確に認識されるようになりました。これにより、競合他社との差別化が図れ、製品の価値向上に貢献しています」

YOMEL利用者の評価まとめ

これらのユーザーの声は、YOMELがさまざまな業界で業務効率化を支援していることを示しています。

YOMELで生成できない内容について

YOMELは多くの機能を備えていますが、すべての内容をカバーしているわけではありません。

特に、動画や音楽、その他の非テキストベースのメディアファイルの解析や変換はサポートされていません。

また、非公式の会話や専門的な用語が多用される会議内容については、正確な議事録の生成が困難な場合があります。

YOMELは基本的に、クリアな音声データをテキスト化することに特化しており、ノイズが多い環境や複数人が同時に話すような場面では、音声認識の精度が低下する可能性があります。

最適な結果を得るには、会話がはっきりと聞き取れる環境で使用しましょう。

また、YOMELは自動でテキスト化する際に、ある程度の言葉を省略したり、意味を変えずに文を短縮したりすることがあります。

これが必ずしもすべてのユーザーにとって最適な形とは限らないため、編集が必要な場合もあります。

上記の点を理解した上で、YOMELを効果的に活用することが重要です。

YOMELで生成したコンテンツの商用利用について

YOMELで生成された議事録の商用利用には、特定のガイドラインと制限が適用されます。

議事録の内容が著作権法や個人情報保護法に触れる可能性があるため、特に注意を要するものです。

まず、YOMELで生成された議事録は、会議参加者の発言に基づいて自動的に作成されますが、各発言に対する著作権は原則として発言者に帰属します。

そのため、各テキストを商用目的で利用する場合は、原則として参加者の同意が必要です。

次に、商用利用の際には、議事録の内容が第三者の権利を侵害しないよう、特に個人情報や機密情報については取扱いに十分な注意が求められます。

YOMELは議事録生成時に個人情報を自動的にフィルタリングする機能を備えていますが、完全な保証はできません。

公開前に、内容の確認と適切な編集が推奨されます。

さらに、YOMELで生成された議事録を基にした書籍や教材、ウェブコンテンツなどの製作物についても、同様の規約が適用されます。

利用前には、適切なライセンス取得や法的アドバイスを求めることが望ましいです。

YOMELで生成された議事録の商用利用は可能ですが、法的な責任を避けるためにも、使用する前には必ず内容の確認と適切な手続きを行うことが重要です。

YOMELは安全?運営元は?

YOMELはアーニーMLG株式会社が提供する議事録自動生成AIツールで、安全性と信頼性は多くのユーザーに評価されています。

利用者のプライバシー保護とデータのセキュリティは、YOMELの最優先事項です。

セキュリティ対策

YOMELは、業界標準のセキュリティ技術を採用しており、データはすべて暗号化されています。

IPアドレス制限や二段階認証など、多層的なセキュリティ措置を講じており、不正アクセスやデータ漏洩のリスクを最小限に抑える仕組みです。

プライバシーポリシー

YOMELはユーザーのプライバシーを尊重し、収集したデータの扱いに関しては厳格な内部規定に基づいています。

ユーザーが生成した議事録はプライバシーポリシーにより厳重に保護され、無断で第三者に提供することはありません。

運営元:アーニーMLG株式会社

アーニーMLG株式会社は、AI技術を駆使したビジネスソリューションを提供する先進的な企業です。

特に音声認識技術に強みを持ち、技術を生かしたYOMELは多くの企業に導入されています。

常に最新の技術を取り入れ、ユーザーのニーズに応じたサービスの向上に努めている企業です。

YOMELおよび運営元のアーニーMLG株式会社は、高いセキュリティ基準と責任あるデータ管理によって、ユーザーに信頼されるサービスを提供しています。

Q&A

Q. YOMELはスマホで利用できる?

はい、YOMELはスマートフォンでも使用可能です。

専用のアプリケーションをインストールすることで、どこからでも会議の議事録を作成し、管理できます。

外出中や移動中でも会議の内容を確認しやすくなり、効率的なコミュニケーションが可能です。

Q. YOMELは日本語で利用できる?

はい、YOMELは日本語で利用できます。

YOMELは日本語ユーザー向けに特化して設計されており、ユーザーインターフェースからナビゲーション、カスタマーサポートまで、すべて日本語での利用が可能です。

さらに、日本語の音声認識に特化した技術を用いているため、日本語の会話も正確に議事録として記録できます。

Q. 無料トライアルはある?

はい、YOMELは新規ユーザー向けに無料トライアルを提供しています。

トライアル期間は通常、登録から2週間です。

トライアル期間を通じて、ユーザーはYOMELの全機能を試用することができ、自分のビジネスやニーズに合っているかどうかを判断できます。

Q. 生成した議事録は商用利用できる?

はい、YOMELで生成された議事録は、適切な条件下であれば商用利用できます。

ただし、議事録に含まれる情報が第三者の著作権やプライバシーを侵害しないよう、利用前には内容の確認と、関係者の同意を得ることが重要です。

また、YOMELの使用規約やプライバシーポリシーに従う必要があります。

まとめ

引用元:https://youtu.be/6gIwMWkxYVA

YOMELという議事録AIツールの魅力について解説しました。

YOMELは、その高精度な音声認識技術を駆使して、会議や商談などの音声をリアルタイムでテキスト化し、効率的に議事録を作成できます。

また、全文書き起こし、自動話者識別、自動要約、要点の箇条書き、重要発言のブックマークなど、多彩な機能を搭載していることで、会議の効率を大幅に向上させます。

日本語に完全対応しており、ユーザーインターフェースからナビゲーション、サポートまで、すべて日本語で利用が可能です。

日本国内のユーザーも安心して利用できる環境が整っています。

また、料金プランはニーズに応じて選べる複数のオプションがあるので、無料トライアルから始めるとよいでしょう。

実際に導入する前に、YOMELの機能を試すことができます。

実際の利用事例としては、社内会議、顧客との商談、重要な役員会議など、さまざまなシチュエーションで有用です。

YOMELを導入することで、会議後の議事録作成の手間が削減され、より本質的な業務に集中できます。

YOMELはただの議事録ツールではなく、会議の生産性を向上させる強力なパートナーです。

会議や商談の効率化を図りたい企業にとって、YOMELの導入はとても有効な選択肢と言えるでしょう。

※本記事は、2024年5月時点の情報に基づいています。サービス内容や料金は変更される可能性がありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
つかさ
つかさ
ChatGPT×ビジネス
データサイエンティストがChatGPTを活用する方法を発信中|データサイエンティスト歴5年|ゲーム会社→フリーランス(現在)|データサイエンティストのためのChatGPTメディア「GPT研究所 データサイエンス支部」運営者
記事URLをコピーしました