AIニュース

長野県松本市でデジタル人材向け「生成AI」ワークショップを実施

a.matsuzaki
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

長野県松本市と東日本電信電話株式会社(以降、NTT東日本)、株式会社NTT DXパートナーが協力し、市の職員を対象に「生成AIの活用方法を探るワークショップ」を開催しました。

デジタル技術の活用による、業務の効率化と市民サービスの向上を目指します。

【PR】

この記事の要点

  • 長野県松本市がNTT東日本、NTT DXパートナーと協力し、市職員向けに生成AIの活用ワークショップを実施。
  • ワークショップでは生成AIの基礎知識などを習得した。
  • 参加職員は生成AIの活用可能性を検討し、具体的な活用アイデアを発表した。

ワークショップの目的

長野県松本市は、デジタル化を推進する取り組みの一つとして、NTT東日本、NTT DXパートナーと協力し、デジタル技術やデータ活用に関心のある市の職員を対象に「生成AIの活用方法を探る」ワークショップを開催しました。

このワークショップの目的は、参加した職員が自らの業務を見直し、効率化を図ることで、市民サービスの質を高めることです。

「生成AIの活用方法を探る」ワークショップの内容

ワークショップでは生成AIやプロンプトの基本を理解した後、業務における生成AIの活用の可能性を検討しました。

さらに、生成AIを具体的にどのように業務で活用できるのかについて、実行可能なアイデアを発表しています。

ワークショップの成果と参加者の感想

参加した職員は、生成AIを利用して業務改善や価値向上にどのように取り組むかについて、具体的なアイデアを共有できたことに満足しています。

このワークショップでは、多くの参加者がChatGPTなどのツールの使い方や業務への活用方法を理解し、新しい知見を得ることができました。

長野県松本市の見解

長野県松本市では、生成AIを活用する際は、そのリスクや課題に十分注意を払っています。

今回のワークショップも含め、デジタル技術を適切に使用することで、業務の効率化や市民サービスの質の向上につなげていきたいと述べています。

まとめ

長野県松本市のこの取り組みは、地方自治体におけるデジタル技術の積極的な活用と人材育成の優れた事例です。

生成AIをはじめとするデジタル技術の理解を深め、実際の業務への適用方法を探ることは、今後公共サービスの質を高めるための重要なステップとなるでしょう。

引用元:PR TIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事URLをコピーしました