全ての記事
PR

「Adobe Firefly」の使い方や料金を徹底解説!無料版はある?日本語での利用は?

tsukasa
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

『Adobe Firefly』はAdobeによって開発された最新鋭の画像生成AIツールで、クリエイティブ分野で活躍するプロフェッショナルからデザインを趣味とする人々まで、多岐にわたるユーザーに適しています。

さらにこのツールは、Adobeの他のクリエイティブツール、例えばPhotoshopやIllustratorと高度に互換性があり、商業利用も可能な高品質な画像を即座に生成できるのが特長です。

この記事では、Adobe Fireflyの主な機能や使い方、料金体制、無料プランの有無について、初心者にも分かりやすく詳細に説明しています。

Adobe Fireflyの使用を検討している方は、是非この記事をご参照ください。

また、おすすめの画像・イラスト生成ツールは以下で紹介しているので、こちらも併せてご覧ください!

合わせて読みたい
【最新】AIで画像やイラストを自動生成できるおすすめサイト10選
【最新】AIで画像やイラストを自動生成できるおすすめサイト10選

Adobe Fireflyとは

引用:Adobe Firefly公式サイト

「Adobe Firefly」は、クリエイター向けツールのPhotoshopやIllustratorで有名なAdobeによって開発された画像生成AIツールです。

Adobe Fireflyの大きな特徴は、数百万点に及ぶAdobe Stockの画像や、著作権が消滅したコンテンツをトレーニングデータに使用している点にあります。

これにより、生成される画像は商用利用が可能であり、著作権侵害のリスクを大幅に低減しています。

Adobe Fireflyで生成された画像

生成できる画像も幅広く、特にAdobe Stockの画像を学習素材として使用しているため、ビジネスシーンに適した画像生成に優れています。

また、Adobe Fireflyは画像を生成する機能の他に、既存の画像の一部を生成AIで編集したり、アートワークの色を再調整したりする機能を備えています。

例えば、生成塗りつぶし機能を使えば既存の画像の服装のみを自然に変えることもできます。

Adobe Fireflyは日本語で使える?

Adobe Fireflyは無料で使うことができます。

画像生成に使用するプロンプトも日本語での入力が可能です。

もし、ページが日本語で表示されていない場合は、アカウント画面の「環境設定」から言語設定「日本語(日本)」を選択してください。

Adobe Fireflyの料金

Adobe Fireflyは無料でも利用可能で、無料プランでは毎月最大25クレジットまで使用できます。

このクレジットはFireflyの技術を活用する際に必要となり、例えばテキストから画像を生成する際には1クレジットが消費されます。

無料プランを使用する場合、生成された画像にはウォーターマークが付けられるという制約があります。

有料プランへのアップグレードにより、月間のクレジット利用枠が100に増え、さらにウォーターマークを除去することが可能になります。

有料プランの料金は月額680円(税込)ですが、年間契約を選ぶことで約17%割引され、さらにコストパフォーマンス良くサービスを享受できます

Adobe Fireflyの機能

Adobe Fireflyではプロンプトから画像生成ができるだけでなく、画像をアップロードして編集することもできます。

他にも様々な編集機能が集約されており、高いユーザビリティを提供します。

画像生成機能

Adobe Fireflyでは、テキストから画像を生成する「T2I(Text to Image)」機能を提供しています。

画像を生成したい場合、プロンプトフォームにその説明を入力し、「生成」ボタンをクリックすると自動で画像が生成されます。

また、自分でプロンプトが思いつかない場合には、参照画像からプロンプトを自動で入力することも可能です。

また、生成された画像は編集が可能で、画像の左上にある「編集」メニューからカスタマイズオプションを選択できます。

また、画面右側には生成画像のパラメーター(モデルバージョン、コンテンツタイプ、スタイルなど)が表示され、これらを理解することで理想に近い画像を作成できます。

そこで、ここからはパラメーターについて詳しく解説します。

モデルバージョン

モデルバージョンのパラメータでは、使用するモデルバージョンを選択できます。

デフォルトは最新の「Firefly Image 2」が設定されており、このバージョンでは、Firefly Image1よりリアルな人物画像の生成が可能です。

縦横​比

画像の縦横比を「横 (4:3)」、「縦 (3:4)」、「正方形 (1:1)」、「ワイドスクリーン (16:9)」から選択します。

コンテンツタイプ

写真やアートなどコンテンツのタイプを選び、「視覚的な適用量」でアートの強度を調整します。

例えば、アート強度を上げると、より元画像から離れたアート作品が生成されます。

スタイル

生成画像のスタイルを3Dスタイルや水彩画スタイルなど、様々なスタイルから選べます。

自分で画像をアップロードしスタイルを提案することもできます。

効果

生成画像にデジタルアートやアニメ風などのエフェクトを加えることが可能です。

このパラメーターとスタイルを合わせることで、作品に高いオリジナリティを出すことが可能です。

写真/詳細設定

上記で説明したパラメーター以外にも、絞りやシャッタースピードといった撮影機材の設定や除外設定を行うことができます。

ただし、除外設定は英語で入力する必要があります。

以上が各パラメーターの詳細です。

パラメーターを適切に設定することで、プロンプトに応じた理想の画像を生成することができます。

コンテンツタイプやスタイル、効果はプロンプトフォームに表示されるため、生成過程でこれらを確認しながら進めていきましょう。

生成塗りつぶし

生成塗りつぶし機能は塗りつぶした部分を別のアセットに変更する機能です。

この機能を利用すると、画像内の特定部分を選択し、「白いTシャツ」のように具体的なプロンプトを指定して、そのエリアを異なる素材で塗り替えてカスタマイズすることが可能です。

また、選択した部位の削除や位置の変更などの編集作業も行えます。

これらの機能を利用することで、実際に変更を行う前に、さまざまなオプションがどのように見えるのかを確認することができます。

例えば、SNSに投稿するための写真で衣服の色を変更したい場合や、部屋の模様替えを検討している際に壁の色を試してみたいときなどに役立ちます。

テキスト効果

テキスト効果は、文字(アルファベットや数字など)に特別なエフェクトを加えることが可能な機能です。

エフェクトの種類をプロンプトで指定し、背景色やテキストの色は右側のオプションから簡単に調整できます。

例えば、「Japan」というテキストに「寿司と刺身」というテーマをプロンプトとして使用し、それに合った画像を生成することができます。

このテキスト効果機能は、個人のプロジェクトやイベントの招待状、祝賀のカード作成に非常に便利です。

例えば、特別な日に向けたメッセージに魅力的なデザインを加えることで、受け取る人に喜びを提供できます。

生成再配色

SVG(Scalable Vector Graphics)は、拡大や縮小をしても画質が落ちないため、ウェブデザインにおいて広く利用されています。

この機能を使えば、自分のブログやウェブサイトに掲載する画像の色調を簡単に調整することができます。

例えば、季節や特定のテーマに応じて色合いを変更することで、サイトの全体的な雰囲気を効果的に刷新することが可能になります。

3Dから画像生成

3Dアセットを作成し、テキストプロンプトから画像を生成する機能です。

こちらの機能は実装予定として発表されており、現在はまだ利用することができません。(2024年2月時点)

この機能は、ゲーム開発やプロダクトデザインを行う際に、初期のコンセプトから具体的なビジュアルまでを迅速に作り上げるのに特に役立ちます。

この機能が実装されれば、デザイナーは3Dモデルを基にして、リアルなテクスチャーや照明効果を持つビジュアルを生成できるようになります。

Project Stardust

Project Stardustは撮った写真を即座にAIがカスタマイズしてくれる機能です。

こちらの機能も実装予定として発表されており、現在はまだ利用することができません。(2024年2月時点)

被写体の再配置や照明の調整など、これまで時間がかかっていた作業をAIが自動で行うことで、写真家やデザイナーはより創造的な作業に集中できるようになります。

これにより、撮影後の画像処理が飛躍的に速く、効率的になります。

Adobe Fireflyの各アプリへの搭載

Adobe FireflyはAdobeの複数のアプリケーションに統合されています。

ここでは、Adobe FireflyがAdobeの他のアプリケーションでどのような役割を果たしているか解説します。

Photoshop

Photoshopでは、「生成塗りつぶし」機能を利用して、簡単なテキスト入力により画像やデザインの修正やコンテンツの追加が簡単に行えます。

例えば、広告デザインにおいて背景要素を瞬時に変更し、クライアントの要望に応じたバリエーションを提案することが可能です。

また、Photoshopの「生成拡張」機能により、画像のキャンバスを自然に拡大し、広告素材やウェブデザインの背景を効率的に作成できます。

Illustrator

Illustratorの「テキストからベクター生成」機能を使用すると、ロゴやブランドアセットを迅速に開発できます。

これにより、ブランディングプロジェクトやマーケティング資料の制作過程で、時間を節約しつつクリエイティブなアウトプットを増やすことができます。

Adobe Express

Adobe Expressでは、「テキストから画像生成」機能や「生成塗りつぶし」機能を活用して、ソーシャルメディアの投稿やマーケティングキャンペーン用のビジュアルを即座に生成できます。

これは、特に時間が限られているプロジェクトや、頻繁にコンテンツを更新する必要があるSNS運用において、大きなアドバンテージを提供します。

「テキスト効果」機能によって、キャッチーなコピーを含むビジュアルコンテンツを簡単に作成し、視覚的魅力を高めることもできます。

Adobe Fireflyの始め方・使い方

ここからは、Adobe Fireflyの始め方や使い方について解説していきます。

まず、Adobe Fireflyを利用するにはAdobeのアカウントが必要です。

すでに持っている方はログインをしてください。

Adobeアカウントを持っていない方はAdobe公式サイトで作成する必要があります。

1.Adobe Firefly公式サイトへアクセス

まずはAdobe Fireflyの公式サイトへアクセスしてください。

Adobeアカウントを持っている方はログインをしてください。

Adobe Firefly公式サイト

2.アカウント作成

Adobeアカウントを持っていない方はメールアドレスや支払い方法を設定し、アカウント作成をする必要があります。

ログインではなく「アカウント作成」をクリックして、メールアドレスとパスワード、個人情報を設定してください。

次に支払い方法を設定します。

クレジットカードとPayPalから選択できます。

Adobe Fireflyは7日間の無料使用期間が設けられています。

また、無料使用期間が終了した後でも14日以内であれば返金ができます。

3.​​ユーザー​ガイドライン​に​同意

​最後に、アドビ​の​生成AIの​ユーザー​ガイドライン​に​同意​する​必要​が​あり​ます。

参照:Adobe 生成 AI ユーザーガイドライン

4.画像生成

ユーザー​ガイドライン​に​同意​すると画像生成ができるようになります。

ホーム画面にある「プロンプト」と表記のあるフォームにプロンプトを入力してみましょう。

上記例では「海辺を走る子犬」というプロンプトで生成をしています。

実際に生成した画像の例

リアルな画像

プロンプト

日本の京都の町を1人の美しい日本人女性が歩いている。女性の年齢は40代くらいで、ショートヘアが風になびいている。季節は冬、晴天の朝

上記では女性が京都の町にいるシーンを生成しています。

プロンプトを具体的に記述し、コンテンツタイプで「写真」を選択しています。

アニメ風の美少女画

プロンプト

図書館で勉強する女子学生、日本人、アニメ風、日本風アニメ、メガネ、まじめ、集中

プロンプトはストーリーテリング式でなくても問題ありません。

上記画像では箇条書きで「日本人、アニメ風…」と条件を追加していきました。

漫画風画像

プロンプト

クシング漫画の主人公、女性、試合、劇画、漫画風、激しい

漫画というワードを入れることで漫画風画像が生成されます。

生成できない画像について

Adobeではユーザーガイドラインにて、「品位の保持と安全の確保」と「第三者の権利の尊重」という観点から生成ができない画像について明記しています。

例えば、アダルトなコンテンツ(NSFW:Not Safe For Work)や暴力的なコンテンツなどの生成をすることはできません

参照:「Adobe 生成 AI ユーザーガイドライン」

画像の商用利用について

生成された画像は商用利用が可能です。

Adobeでは、生成AIの学習にAdobe Stockなどの使用許諾を受けたコンテンツや著作権が切れている素材を使用しています。

これにより、著作権侵害のリスクを低減し、ユーザーが安心して画像を使用できる環境を提供しています。

ただし、Adobeが生成画像の使用や掲載場所を制限する場合があり、その際はAdobeの指示に従い、商用利用を控える必要があります。

一般に、生成 AI 機能からの出力は商業的に使用できます。ただし、アドビが生成 AI 機能のベータ版を商用利用できないと製品またはその他の場所で指定した場合、そのベータ版機能から生成された出力は個人使用のみを目的としており、商用利用することはできません。

Adobe 生成 AI ユーザーガイドライン 7. 商用

Q&A

Q.Adobe Fireflyはスマホで利用できる?

Adobe Fireflyのスマホアプリは存在しませんがブラウザアプリを使ってアクセスすれば、スマホからでもAdobe Fireflyのサイトを通じてPC版と同じように画像を生成できます。

Q.日本語で利用できる?

Adobe Fireflyは日本語に対応しており、プロンプトも全て日本語で入力することが可能です

Q.Adobe Fireflyに無料プランはありますか?

Adobe Fireflyは無料でも利用可能で、無料プランでは毎月最大25クレジットまで使用できます。

ただし、無料プランを使用する場合、生成された画像にはウォーターマークが付けられるという制約があります。

Q.生成した画像は商用利用できますか?

Adobe Fireflyで生成された画像の商用利用は可能です。

Q.Adobe Fireflyはまだベータ版ですか?

Adobe Fireflyは約6ヶ月間のベータ版提供期間を経て、商用利用が可能となりました。

Q. AIグラビアって作れますか?

水着や下着などのアダルトコンテンツは生成できません。

まとめ

この記事では、Adobeが開発した最新の画像生成AIツール、「Adobe Firefly」の特長、使い方、料金体系、安全性について細かく説明しています。

Adobe Fireflyには、クリエイティブな画像生成を実現するAI機能が搭載されており、Adobeの他のツール、例えばPhotoshopやIllustratorとも互換性を持っています。

このように、商用利用も可能な高品質な画像を生成できるAdobe Fireflyは、デザイナーやクリエイターにとって非常に有用なリソースです。

無料プランもあるので、ぜひこの機会にAdobe Fireflyを試してみてください。

また、おすすめの画像・イラスト生成ツールは以下で紹介しているので、こちらも併せてご覧ください!

合わせて読みたい
【最新】AIで画像やイラストを自動生成できるおすすめサイト10選
【最新】AIで画像やイラストを自動生成できるおすすめサイト10選
このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
つかさ
つかさ
ChatGPT×ビジネス
データサイエンティストがChatGPTを活用する方法を発信中|データサイエンティスト歴5年|ゲーム会社→フリーランス(現在)|データサイエンティストのためのChatGPTメディア「GPT研究所 データサイエンス支部」運営者
記事URLをコピーしました