データ分析

Microsoftアプリに搭載された生成AI「Microsoft 365 Copilot」を徹底解説!料金や日本での開始日、始め方は?

tsukasa
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事では、Microsoftが新たに発表した「Microsoft 365 Copilot」について、わかりやすく解説していきます。

Microsoft 365 Copilotが具体的にどんな機能を持ち、私たちの仕事の進め方にどのような変化をもたらすのかを解説していくので、「Microsoft 365 Copilot」に興味がある人はぜひ最後までご覧ください!

【PR】

Microsoft 365 Copilotとは

引用:https://support.microsoft.com/ja-jp/copilot

Microsoft 365 Copilotは、Microsoft Officeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Teamsなど)に統合されたAIベースの生産性ツールです。

引用:Microsoft 365 Copilot をリリース – 仕事の新たな形を創造

ChatGPTのような自然言語処理技術を活用して、ユーザーの指示を理解し、さまざまなタスクをサポートします。

この機能を利用することで、AIのサポートを受けながら業務をより効率的に行うことができるようになります。

2023年11月1日より一般公開され、日本でも利用できるようになりました。

Microsoft 365 Copilotの料金

Microsoft 365 Copilotの料金は、1人あたり月額30ドル(約4,200円)です。

ただし、Microsoft 365 Copilotを利用するためには、Microsoft 365 E3、E5のプランに加入している必要があり、別途それらのアカウント料金がかかります。

また、現在は法人版のみの提供のため、個人で契約している方は利用できません。

Microsoft 365 Copilotは日本語で使える?

Microsoft 365 Copilotは2023年11月1日より日本で使用可能となっています。

また、日本語への対応も行われており、Microsoft 365 Copilotに日本語で指示を出すことで対話をしたりタスクを行ってもらうことができます。

Microsoft 365 Copilotの機能

Microsoft 365 Copilotは指示されたタスクを単純にこなすだけでなく、データの背後にある意図を理解し、情報をより効率的に探し出すことができます。

例えば、「3月の売上レポート」と問い合わせると、単にその言葉がファイル名や本文に含まれるドキュメントを探すだけでなく、「売上レポートはファイナンスチームのケリーによってExcelで作成されている」という概念を理解します。

そして、その概念からユーザーの意図を理解し、ユーザーが本当に必要な情報を見つけ出すことができます。

ここからは各アプリケーションのCopilotが具体的にはどのように機能するのかを解説していきます

Copilot in Word

引用:Microsoft 365 Copilot をリリース – 仕事の新たな形を創造

Copilot in Wordは簡単な指示だけで、Copilot が必要に応じて組織内の情報を盛り込みながら、ユーザーに代わって下書きを作成します。

さらには、既存のドキュメントに内容を追加したり、文章を要約したり、ドキュメントの一部や全体を簡潔に書き換えたりすることもできます。

例えば、以下のような指示を出すことで、ユーザーの文書作成のお手伝いをしてくれます。

  • 「<文書> と <表計算> のデータを基に、2 ページのプロジェクト提案書のたたき台を作成して」
  • 「第 3 段落を簡潔にして。ドキュメントのトーンをもう少しカジュアルに変更して」
  • 「このざっくりとした内容から、1 ページの原稿を作成して」

Copilot in Excel

引用:Microsoft 365 Copilot をリリース – 仕事の新たな形を創造

ExcelのCopilotはデータ分析と探索を支援します。

具体的には、データセットについて質問をすると、Copilotは相関関係を明らかにしたり、What-if分析を自動で行なってくれます。

さらには、簡単な指示を出すだけで、売上の内訳を出したり、変数の影響を推定するグラフを生成したり、成長率の変化の影響をモデル化するなどの作業をサポートしてくれます。

これによりデータサイエンティストなどのデータ分析の専門家でなくても、誰でも簡単に深い分析が可能となります。

例えば、以下のような指示を出すことで、あなたのデータ分析のお手伝いをしてくれます。

  • 種類別、チャネル別の売上高の内訳の表を生成して
  • 売り上げ低下の原因を推定し、グラフを生成して視覚的にわかりやくして
  • 事業の成長率の変化による粗利益率への影響をモデル化して

Copilot in PowerPoint

引用:Microsoft 365 Copilot をリリース – 仕事の新たな形を創造

PowerPoint Copilotは、プレゼンテーション作成のサポートをしてくれます。

具体的には、簡単な指示を出すだけで、既存の文書をプレゼン資料に変換したり、プレゼンテーションの新規作成をサポートしてくれます。

さらには、長いプレゼンテーションを要約したり、レイアウトやテキストの書式を調整したり、アニメーションのタイミングを完璧に調整したりも行なってくれます!

例えば、以下のような指示を出すことで、あなたのプレゼンテーション作成のお手伝いをしてくれます。

  • 「既存のWordをもとに5枚のスライドを作成し、関連するストック画像を挿入して」
  • 「このプレゼンテーションを3枚のスライドにまとめて」
  • 「この3項目の箇条書きを3列のテキストに再編成し、それぞれに画像を付けて」

引用:ntroducing the Microsoft 365 Copilot Early Access Program and new capabilities in Copilot

また、OpenAIの画像生成器「DALL-E」がPowerPointに統合されており、ユーザーは簡単な指示を出すだけで、必要な画像をAIが作成してくれます。

例えば、「芸術的な写真スタイルで、スティッキーノートとポストカードが貼られた掲示板の白黒画像を作成してください」と頼むと、その画像がすぐにPowerPointに表示されます。

これにより、今までネット上で無料のフリー素材を探していた時間が大幅に削減され、更により見やすいプレゼン資料を作成できるようになります。

Copilot in Outlook

引用:Microsoft 365 Copilot をリリース – 仕事の新たな形を創造

Copilot in Outlookは、メールボックスの受信トレイやメッセージの管理をサポートし、効率的なコミュニケーションを可能にします。

具体的には、簡単な指示だけで複雑なメールスレッドを要約したり、作成しているメールの文章のトーンや長さの調整が可能です。

また、メールの返信文を作成したり、ビジネスメールへの変換も行なってくれるので、メール作成の時間を大幅に短縮することができます。

例えば、以下のような指示を出すことで、あなたのメールの管理や作成のお手伝いをしてくれます。

  • 「先週の外出中に確認できなかったメールをまとめて。重要なものにはフラグを立てて」
  • 「相手へのお礼の返事と、2つ目と3つ目の指摘について詳細を尋ねる文章の下書きを作成して。」
  • 「来週木曜日の正午に実施する新製品の発売に関する『ランチと事前調整』に全員を招待して。ランチの用意があることも記載して」

Copilot in Teams

引用:Microsoft 365 Copilot をリリース – 仕事の新たな形を創造

Copilot in Teamsはオンラインミーティングにおける共同作業の手間を大幅に軽減してくれます。

具体的には、オンライン会議の進行を効果的にサポートし、会話をスムーズに進め、主要な論点を整理し、重要なアクションアイテムをまとめることで、次のステップが何であるかをチーム全体で共有することが可能になります。

特にチャットでは、議論の流れを中断することなく、特定の問題に対する答えを得ることができ、見落としていた情報をキャッチアップすることも可能です。

また、Copilotを会議や会話に追加することで、チャットの履歴を元に会議のアジェンダを作成したり、フォローアップが必要な人を特定したり、次の進捗確認のミーティングをスケジューリングするなど、日常的なタスクのサポートをしてくれます。

例えば、以下のような指示を出すことで、あなたの共同作業のお手伝いをしてくれます。

  • 会議で聞き逃したところをまとめて。これまでの論点は? このトピックでメンバーの意見が合わない部分はどこ?」
  • 「<議論されているトピック> のメリットとデメリットを表にして。決定を下す前に他に考慮すべきことは?」
  • 「決定事項と、次に推奨されるステップは?」

Copilot in Whiteboard

引用:ntroducing the Microsoft 365 Copilot Early Access Program and new capabilities in Copilot

Copilot in Whiteboardは、Microsoft Teamsのミーティングやブレインストーミングをより効率的にするお手伝いをしてくれます。

具体的には、簡単な指示を出すだけで、Copilotにアイデアを生成させたり、アイデアをまとめたり、ホワイトボードの内容を要約したりすることができます。

また、Microsoft Designerの力を借りて、テキストベースのアイデアをオリジナルの画像やイラストに変換し、テキストを補完し分かりやすくしてくれます。

Copilot in OneNote

引用:ntroducing the Microsoft 365 Copilot Early Access Program and new capabilities in Copilot

Copilot in OneNoteは全てのノート、画像、データを通じて計画の作成やアイデアの生成、リスト作成、情報の統合をサポートします。

具体的には、簡単な指示だけで、ノートブックの見た目を改善したり、コンテンツの再編成やフォーマットの調整、さらには最も重要なポイントを強調してくれるといったサポートをしてくれます。

Copilot in Microsoft Loop

引用:https://loop.microsoft.com/learn

Copilot in Microsoft Loopは、Microsoft Loopページのすべてのコンテンツを迅速に要約し、全員が一致して効果的に協力できるようにサポートします。

具体的には、Microsoft Loopページがアイデアやコンテンツでいっぱいになった時に、Copilotに指示を出すことで、チームの作業を素早く要約してくれます。

まとめ

「Microsoft 365 Copilot」は、AI技術を活用したMicrosoft Officeの新機能で、私たちの働き方に革新的な変化をもたらすことが期待されています。

Microsoft 365 Copilotの導入は、企業のデジタルトランスフォーメーションの一環としても重要です。

AI技術を組み込むことで、企業は最新の技術トレンドに迅速に対応し、競争力を高めることができます。

今後もこの革新的なツールは進化し続け、私たちの仕事のあり方をさらに変革していくことでしょう。

また、続報があれば情報を追記していきます

このエントリーをはてなブックマークに追加
ABOUT ME
つかさ
つかさ
ChatGPT×ビジネス
データサイエンティストがChatGPTを活用する方法を発信中|データサイエンティスト歴5年|ゲーム会社→フリーランス(現在)|データサイエンティストのためのChatGPTメディア「GPT研究所 データサイエンス支部」運営者
記事URLをコピーしました