AIニュース

【セレブリックス調査】営業職における生成AI活用の現状と将来性

a.matsuzaki
記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社セレブリックスのセールスカンパニー「セレブリックス営業総合研究所」が2023年12月に行った調査で、営業職を取り巻く生成AIの導入状況や実用性が明らかになりました。

今回アンケートに応じた人のうち、74.7%の人が「生成AIを業務でほとんど使わない、または使ったことがない」と回答しており、営業職の生成AI活用はまだ初期段階であることが判明しています。

【PR】

この記事の要点

  • 企業の生成AIの導入はまだ初期段階である。
  • 営業職個人の使用頻度は会社の導入状況に影響を受けている。
  • 導入済み企業では、操作性や結果の信頼性に対する不安が生成AI導入の障壁となっている。

企業における生成AIの導入状況

本レポートで、営業職を対象とした生成AIの導入状況が明らかになりました。

「社内で生成AIは導入されていますか?」という質問に対する回答は、上記のとおりです。

調査結果によると、「生成AIを導入・使用していない」企業が44%、「全社的に生成AIの使用許可が出ていない・禁止されている」企業が28.1%となっており、営業職を含めた企業全体における生成AIの活用はまだ初期段階にあるといえます。

個人の生成AI使用頻度

「あなた個人が業務で生成AIを使う頻度を教えてください」に対する回答結果は上記のとおりです。

営業職における個人の生成AI使用頻度は、企業の導入状況に大きく影響を受けています。

多くの営業担当者が「ほとんど使わない・使ったことがない」と回答しており、毎日使用している人はわずか4.5%でした。

これは、営業職における生成AIの効果的な活用がまだ広がっていないことを示しています。

導入済み企業の実態と生成AIの今後の可能性

「社内で生成AIを導入する際、ネックになったものをすべて選んでください」という質問に対する回答結果は上記のとおりです。(複数回答)

導入までの大きな障壁として、「使いこなせるかどうか(89%)」と「生成AIの結果を正しく使えるか不安(75%)」といった理由明らかになりました。

今後労働人口が減少していく中で、営業職の生産性向上が求められています。

生産性向上を目指し、生成AIを積極的に営業業務に取り入れるためには、これらの課題解決に取り組むことが不可欠でしょう。

引用元:PR TIMES

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事URLをコピーしました